スポンサーリンク

不妊治療費助成制度 年齢と所得の要件を緩和

新型コロナウイルスの感染拡大により不妊治療の延期を余儀なくされている夫婦が少なくない。厚労省は救済策として、特定不妊治療費助成制度に、妻の年齢と所得の要件を緩和するという時限的特例措置を講じている。元々の制度内容と併せ、その措置内容を紹介する。

入院中の子どもの笑顔を取り戻す「臨床道化師」

新型コロナウイルスの感染拡大により入院中の子どもたちは、面会制限により家族にも満足に会えない日々を送っている。そんな彼らに笑顔を取り戻してもらおうと、ホスピタル・クラウンによるオンラインを介しての新しい挑戦が始まろうとしている。しかも家族の似顔絵サービスも。

マスクの外し方と外したマスクの扱い方総点検

感染予防と熱中症予防を両立させる策として、厚労省と環境省はソーシャルディスタンスの確保を条件に、一時的にマスクを外すことを奨励している。だが、その際のマスクの外し方と、外したマスクを再使用に備えて保管する方法には言及がない。そこで、注意点を整理してみた。

マスク着用と熱中症予防に学術団体が緊急提言 

日本救急医学会など4学会が、新型コロナ禍の熱中症予防に関する提言を発表。マスク着用により熱中症の発症リスクが高まること、口渇感に頼らない水分補給の必要性、N95マスク特有のリスク、暑さに順応できていないこと、エアコンと換気の話など、特有是非参考に。

日本医師会が終末期医療ガイドラインを改定

日本医師会がACPの概念を盛り込んで改定した「人生の最終段階における医療・ケアに関するガイドライン」を公表。「ACPの重要性は終末期に限らないから」と「終末期」の表現は改められた。看取りが在宅なとでも行われていることへの配慮もあり、新しい内容になっている。

高齢者の新しい生活様式とフレイル予防アプリ

要介護状態に直結するフレイルや転倒、骨折を防ごうと、国を挙げて高齢者の健康づくりに取り組んできたが、新型コロナの感染対策上すべて中止を余儀なくされ、高齢者の活動時間は減少している。そこで在宅で、1人でもできるフレイル予防のためのアプリが開発されたことを紹介する。

「次亜塩素酸ナトリウム溶液」と「次亜塩素酸水」

「次亜塩素酸水」による新型コロナウイルスに対する消毒効果を謳う製品が各種市販されている。次亜塩素酸水を「次亜塩素酸ナトリウム溶液」と混同する人も多いようだが、両者は全くの別ものだ。市中には規定外の次亜塩素酸水も、また本来禁止すべきその「噴霧」用製品も……。

唾液によるPCR検査を開始 検査体制拡充へ

新型コロナウイルス感染の有無を判定するPCR検査に唾液を用いる方法が導入された。「発熱などの症状発症から9日以内の者」に限定されるが、無菌の容器に唾液を入れるだけでいいという検体採取方法は患者には魅力だ。医療者側にも感染リスクの低減など、メリットは多い。

医療従事者ら310万人に新型コロナ慰労金

緊急事態宣言は全面解除となったが、感染の第2、第3波が想定され緊張の日々は続いている。そんななかで閣議決定された第2次補正予算案には、新型コロナウイルス感染症の患者対応に当たる医療従事者らへの慰労金が計上されている。その額、給付時期、方法などをまとめた。

おしゃれマスクに感染予防・拡大防止効果は?

緊急事態宣言が全面解除となり、人々は一気に街に繰り出している。そこで目立つのは、口元のカラフルな「おしゃれマスク」だが、布製やウレタン製のマスクは、どれほど感染を防いでくれるのか。おしゃれマスクに期待できるフィルター性能やウイルスブロック効果を探ってみた。

新型コロナ感染予防のマスク着用と熱中症予防

熱中症シーズンも、感染予防のためにマスクは外せない。「マスクの着用により熱中症のリスクが高まるのでは」との懸念に、厚労省と環境省が「新しい生活様式における熱中症予防の注意点」を公表した。ソーシャルディスタンスを確保できていればマスクを外してもいいという。

家族と会えない終末期患者にテレビ電話で面会を

新型コロナ感染症(COVID-19)は入院患者から家族や大切な人との面会の機会を奪い、特に終末期患者には「このままもう会えないかもしれない」不安を与えている。そこで立ち上がった全国の緩和ケア医の有志による「テレビ電話面会」の普及に向けた活動を紹介する。

アルコール消毒製品の転売規制とその代用品

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除となり、経済活動が再開される。オフィスでも店舗でもアルコール消毒製品が必須だ。その転売が法的禁止となったが、入手は依然として楽ではない。代用品として使えることが確認された界面活性剤入り洗剤を紹介する。

新型コロナ治療薬「レムデシビル」に回復期間の短縮効果を確認 米国NIH

COVID-19に対するわが国初の治療「レムデシビル」の回復期間短縮効果が臨床試験で確認された。酸素投与が必要な患者が人工呼吸器が必要になる前に投与するといいという。軽症患者用の経口治療薬として「アビガン」の治験も進んでいるが有効性の判断はまだの段階だ。

新型コロナウイルスの感染第2波に備え訪問看護ステーション間の連携を

訪問看護ステーションのスタッフが新型コロナウイルスの感染者、もしくは濃厚接触者となりステーションを休業せざるを得なくなった場合を想定した取り組みが大阪市で始まっている。予測される感染第2波、第3波を見据えた対応の普及は必須と考え、その取り組みを紹介する。