大人の発達障害―特性を踏まえたかかわりを

コミュニケーション

「大人の発達障害」を
ご存知ですか

このところ「発達障害」という言葉をよく耳にするようになりました。

発達障害と言えば、これまでは子どもの問題としてとらえられがちでした。

それが最近では、世間に顔も名前もよく知られている、いわゆる有名人とされる方が、自分が発達障害であることをテレビ等で公表するなどして、「大人の発達障害」が広く一般にも知られるところとなっています。

大人の発達障害、つまり発達障害をもつ成人の多くは、「周囲に溶け込めない」「その場の空気が読めない」「コミュニケーションが苦手」といった問題を抱えながらも、なんとか努力して、普通にそれぞれの職場や社会で活躍しています。

当然の成り行きとして、彼らが発達障害とは別の健康問題で医療機関を訪れ、看護職の皆さんの前に現れることもあるわけです。

患者から「自分は発達障害です」と打ち明けられたら

実際、別件で内科医を取材した折りに、「病気や検査の説明をしてもこちらの言っていることをなかなか理解してもらえない患者さんがいて、どうしたものかと迷っていたら、実は自分は発達障害の診断を受けていると打ち明けられたことがある」と伺ったことがあります。

そんなとき、患者が抱える発達障害をどのように理解してかかわったらいいのでしょうか。

このとき内科医が話してくれたことを思い起こしながら、かかわり方のポイントを書きとめておきたいと思います。

発達障害は
生まれもった「特性」

「発達障害」とは、先天的に脳機能の発達に部分的なかたよりがあるために情報を処理したり感情をコントロールする機能に支障が生じ、コミュニケーションや対人関係を中心に日常生活に困難をきたしている状態をいいいます。

このような状態は先天的、つまりその人の生まれつきの「特性」です。

ですから、おそらく幼少時にも情緒面や行動面にその子なりの特徴があり、「集団になじめない」とか「感情的になりやすい」といった症状があったはずです。

しかしそういった症状は、両親をはじめとする周りの人間関係によってカバーされ、「ちょっと変わった子」「手のかかる子」といった理解のまま、発達障害自体が見過ごされてきたことも珍しくないようです。

ところが、その子が独り立ちし、社会人として生活するなかで、潜在していたその特性が顕在化して、「人の名前や顔を覚えられない」とか「周囲に溶け込めない」「人の気持ちを気づかうことができない」といったことから生活のしづらさを自覚するようになり、そこで初めて自分が発達障害であることに気づくことになります。

「大人の発達障害」の方には、このようなケースが多いと聞きます。

大人の発達障害に多い
情緒・行動面の特性

大人の発達障害、つまり発達障害を抱える成人患者にかかわるコツとして、先の内科医が自ら心がけてきたこととして話してくれたのは、その人の情緒面や行動上の特徴を「発達障害」としてではなく「発達特性」としてとらえるということでした。

大人の発達障害で見られる情緒面や行動上の特性には、大別して以下に示すような3つの傾向があると説明されています。

  1. 自閉スペクトラム症(自閉症スペクトラム症状)
    「相手の立場に立って考えることが苦手」「その場の空気を読めない」「臨機応変に気持ちや行動を切り替えることが難しい」などの特性により、コミュニケーションやが苦手なうえに融通性に乏しく、自分の中でパターン化した行動に強くこだわる
  2. 注意欠陥・多動症
    「注意欠陥(気が散りやすい)」「多動(じっとしていられない)」「衝動(考える前に思いつきで行動する」)といった特性により、感情が不安定で、次々と周囲のものに関心を持ち、周囲のペースに合わせて行動することが難しい
  3. 学習障害
    「話す」「理解する」は普通にできるのに、「読む(特に漢字を正しく覚えられない)」「書く(鉛筆など筆記具の操作が上手くできない)」「計算する(特に暗算が苦手)」ことが、努力しているのにうまくできない

発達特性にはプラスとマイナスの両面が

これらの特性は、きっちり分けられるものではなく、それぞれの特性を併せ持つ人もいれば、特性の現れ方が特に強い人もいれば弱い人もいて、現れる症状も、それによる生活の困りごとも一人ひとり微妙に異なるようです。

その人がもつ発達特性により日常生活に支障をきたし、生活のしづらさを感じることはあるものの、その一方で別の面では非常に優れた能力を発揮することがあるのも、発達障害の特徴の一つです。

したがって、「発達障害」としてマイナスにとらえてかかわるのではなく、その人の「発達特性」ととらえてプラスの面を見つけ、その部分を最大限活かすことによって苦手な部分をカバーできるようにかかわるのがいいようです。

患者の発達特性を
「その人らしさ」ととらえる

翻って考えてみると、看護職の皆さんは日々のケアにおいて、「その人らしさを尊重する」ことをとても大切にしておられます。

大人の発達障害を抱える患者のもつ発達特性を「その人を特徴づけているもの、その人の生き方のスタイルである」ととらえることができれば、難なくかかわることができるように思うのですが、いかがでしょうか。

看護現場を取材していると「その人らしさを尊重する」ことが「よい看護」の代名詞のような印象を強く受ける。では、この「その人らしさ」をどう理解し、日々の看護にいかに生かしていけば、その人らしさを大切にした看護になるのだろうか。

また、その人が「できない」とか「苦手」というマイナス面ではなく「できること」、つまりプラス面を見つけ、その「できる」ことで「できていない」ところをカバーし、「できる」ことを増やしていくというかかわりも看護職ならお手のものではないでしょうか。

多職種との連携ツールとして定着しつつあるICFだが、問題思考アプローチに慣れた看護職はまだ使いこなせないと聞く。では残存機能を活かす発想でICFをとらえてはどうか。プラスとマイナスの両面をバランスよく見ていくことで「できることを奪わない」看護実践を。
発達障害とは:わが国で精神疾患の診断のために参照されることの多いアメリカ精神医学会の診断基準DSM(精神障害の分類と診断の手引き)の最新版である第5版(DSM-5)では、発達障害は「自閉スペクトラム症(ASD)」「注意欠如・多動症(ADHD)」「学習障害(限局性学習症、LD)」「コミュニケーション障害」「知的障害(知的能力障害)」「発達性協調運動障害」「チック症」の7つに分けられている*¹。
参考資料*¹:American Psychiatric Association(著),日本精神神経学会(日本語版用語監修),高橋三郎,大野裕(監訳)「DSM-5精神疾患の分類と診断の手引」医学書院,2014