看護管理一覧

スポンサーリンク

3密になりがちな休憩室の換気にスパコンが提案

職員用休憩室は院内感染の感染拡大要因の1つとして指摘されている。対策のポイントは、換気をよくして3密環境をいかに改善するかにある。スパコン「富岳」を使ったシミュレーション研究によれば、窓やドアの開放による通気と、扇風機等による室内空気の循環にあるようだ。

公務員看護師は一般の看護師と何が違うのか

新型コロナへの対応で経営難に陥っている医療機関が少なくない。その影響をボーナスカット等で受けた看護師らの「公務員看護師なら……」のボヤキを耳にし、改めて公務員看護師について調べてみた。確かに給与面ではよさそうだが、いいことばかりではなさそうだ。

「ナッジ理論」を応用して行動変容を引き起こす

新型コロナ感染対策として尾身茂会長が求める「感染対策としての行動変容」は、「ナッジ理論」の応用により比較的成功している。理屈で説得するよりも、ちょっとしたきっかけを与えることで行動変容を引き起こすという「ナッジ理論」。生活習慣病の指導に活用できそうでは?

オンライン会議の導入で気をつけたいこと

コロナの感染拡大により多職種で業務のオンライン化が進んでいる。医療界では2020年度診療報酬の改定がこの動きを加速させている。対面にこだわらずオンラインでの会議や指導を導入し、医療スタッフの負担軽減につなげる狙いだが、患者情報のセキュリティ確保が課題だ。

新型コロナに職業感染した医療従事者に労災認定

新型コロナウイルス感染症の医療従事者が初めて労災認定された。職業感染、つまり仕事中に感染したことが認められた結果だ。だが、仕事との関係が認められない場合もある。その際は、健康保険の傷病手当金が給付されるが、いずれの給付も受けられないケースもある。

意思決定支援で陥りがちな倫理的ジレンマのこと

日常のケア場面で意思決定支援が求められることは少なくない。その際、患者の意思を最優先すべきだが、その選択に倫理的問題を感じてジレンマに陥ることがある。だが、ときにそれは自分の価値観との違いに起因することもあり、第三者の意見を求めてみることが大切だ。

看護師が同乗する「ナースカー」で通院支援!!

救急車を頼むほどではないが自力での通院が困難な患者を支援しようと、看護師が同乗する「ナースカー」の取り組みが広がっている。高齢ドライバーによる交通事故の急増により運転免許の返納を求める声が高まるなか、通院手段を奪われる高齢患者の救済策としても注目される。

看護学生の世界を撮ったドキュメンタリー映画

ドキュメンタリー映画の巨匠として名高いフランスの二コラ・フィリベール監督が、看護学校で学ぶ学生たちを150日間追跡した映画、『人生、ただいま修行中』が日本で公開されている。「誰かの役に立ちたい」と看護師を目指す心意気と、悩みつつ修行に励む日々は感動的だ。

訪問看護の移動時間は労働時間ではない?

「過労死防止法」の施行から5年になるのを受け、過労死や長時間労働への関心が高まっている。たとえば訪問看護における移動時間は労働時間として扱われるのかどうか。移動時間が労働時間として認められず労災扱いにならなかった過労死の報道をきっかけに、考えてみた。

不審者や暴力行為から患者を守る、自らも守る

病院における傷害事件が続いている。不審者や暴力への対策徹底歩図りたい。それもマニュアルのレベルで終わらせることなく、警察などの協力を得て護身術なども身につけておくことをすすめたい。ただ不審者への対応では、人権侵害のそしりを受けないように冷静さを忘れずに。

「高齢者疑似体験」で加齢変化を体感する

「若いあなたにはわからない」との高齢患者の言葉に触発され「高齢者疑似体験」に挑戦した28歳の看護師が身をもって体感したことを紹介。「できていることは極力自分で、手助けは最小限に」というケアの原則を守ることが、高齢者の尊厳遵守になると実感したとのこと。

職業感染対策として知っておきたいワクチン情報

職業柄病気を抱える人に接触する可能性があれば、職業感染リスクを常に念頭に置く必要がある。標準予防策も重要だが、ワクチンによる予防接種により自らが感染源になることを防ぐことも重要だ。このワクチン接種の指針となるガイドラインのポイントをまとめた。

仕事を続けながら不妊治療を受けたい方に

男女ともに晩婚化が進むのに併行して晩産化も進み、不妊治療を受ける夫婦が増えている。そんな彼らの仕事と不妊治療の両立に役立てばと、厚労省は企業向けに不妊治療への理解と支援を促すリーフレットを作成している。その概要と「不妊治療連絡カード」を紹介する。