「高血圧治療ガイドライン2019」の改訂ポイント




高血圧

高血圧の基準値は据え置くも
降圧目標値を10㎜Hg引き下げ

わが国には高血圧患者が4300万人いると推定されています。
しかし、実際に医療機関を訪れて高血圧の診断を受け、降圧治療を受けている患者はそのうちの57%、2450万人にとどまっているとのこと。

また、治療を受けていてもそのおよそ半数の1200万人は、高血圧の基準値である140/90㎜Hg未満にコントロールされていないとされています。

こうした厳しい現実を踏まえ、日本高血圧学会はガイドライン作成員会において治療ガイドラインの改訂に取り組んできましたが、先月、5年ぶりに改訂した『高血圧治療ガイドライン2019』のポイントを発表しました。

新しいガイドラインでは、高血圧の基準値、つまり高血圧の治療を開始する血圧の基準値は、従来の、診察室血圧で140/90㎜Hg、家庭血圧で135/85㎜Hgに据え置かれました。

一方で、成人の降圧目標値を10㎜Hg引き下げています。

この引き下げは、患者自身に、生活習慣の改善などセルフコントロールをいっそう厳格に行うことを求めることを意味し、看護師さんをはじめとする医療・保健関係者には実効性ある指導の徹底が求められると言えそうです。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に伴う緊急事態宣言下で高血圧症患者に伝えたい注意点などの情報については、こちらの記事を参照してください。
高血圧患者にCOVID-19について伝えたいこと

75歳未満の成人高血圧患者は
130/80㎜Hg未満を目標に治療を

今回の改訂により降圧目標値、つまり降圧治療を始めた患者が目標とすべき血圧の値が10㎜Hg引き下げられたのは、75歳未満の成人患者では最高血圧と最低血圧の両方、75歳以上の患者では最高血圧のみで、最低血圧はこれまでと同じです。

また、糖尿病を合併している高血圧患者や蛋白尿陽性の慢性腎臓病(CKD)患者、抗血栓薬服用中の高血圧患者などの降圧目標値は、従来どおりとなっています。

改訂後のそれぞれのグループの降圧目標値を「診察室血圧」で示すと下記のようになります。
なお、( )内は患者が時間を決めて家庭で測定する「家庭血圧」の値です。

  • 75歳未満の成人高血圧患者――130/80㎜Hg未満(125/75㎜Hg未満)
  • 糖尿病合併の高血圧患者――130/80㎜Hg未満(125/75㎜Hg未満)
  • CKD患者(蛋白尿陽性)――130/80㎜Hg未満(125/75㎜Hg未満)
  • 75歳以上の高齢高血圧患者――140/90㎜Hg未満(135/85㎜Hg未満)

日本高血圧学会によれば、国内外で行われた14の臨床研究データを解析した結果、降圧目標値を従来の140/90㎜Hg未満から改訂値の130/80㎜Hg未満に下げることにより、脳卒中の発症リスクが22%、心筋梗塞や心不全といった心疾患の発症リスクが14%引き下げられることが明らかになったとしています。

なお、血圧計については、水銀血圧計の製造・輸出入が2021年以降禁止となるのに伴い、日本高血圧学会は2020年までに水銀血圧計の代替品への切り替えを推奨しています。

詳しくはこちらの記事を読んでみてください。
水銀血圧計、水銀体温計を使用していますか?

高血圧の重症化予防に
1日6グラム未満に減塩を

次いで、この降圧目標の達成に向けた治療となるわけですが、ここで特記すべき日本人の高血圧患者の特徴として、次の2点が強調されています。
⑴ 食塩摂取量が多い
⑵ 肥満とメタボリックシンドロームが増加している

その原因として日本高血圧学会は、「不適切な生活習慣がある」ことを指摘。
とりわけ食塩の摂取量を減らすために、自らの普段の食生活を厳しく見直してみることから始めることを奨励しています。

その第一歩となるのは、減塩です。
→ 毎月17日が「減塩の日」ってご存知ですか?

健康の維持・増進を図るうえで摂取することが望ましいエネルギーや栄養素の量の基準をまとめた「日本人の食事摂取基準」は、2020年の改訂により、1日当たりの食塩摂取目標量が厳しく引き下げられ、18歳以上の男性なら1日7.5グラム未満、同女性は6.5グラム未満、高血圧の重症化予防を目的とした量として、新たに1日6グラム未満と設定されています。

減塩は国立循環器病研究センター提唱の「かるしお」で

「厳しいなあ」という声が聞こえてきそうですが、日本高血圧学会は男女とも1日6グラム未満にすることを、またWHO(世界保健機関)はさらに厳しく1日5グラム未満に抑えることをすでに推奨しています。

減塩食、つまり塩分控えめの食事は味がいまひとつで飽きてしまい、なかなか長続きしないという方は、国立循環器病研究センターが提唱している「かるしお」のレシピや商品を活用してみてはどうでしょうか。詳しくはこちらを。
→ 減塩の新しい考え方「かるしお」の活用を

なお、熱中症シーズンになると、「水分と塩分をこまめに摂りましょう」といった呼びかけが繰り返されます。しかし、高血圧の方は炎天下で作業や運動をしてよほど大量の汗をかいた場合以外は、減塩を守ることを日本高血圧学会は奨励しています。
詳しくはこちらの記事を読んでみてください。
高血圧患者の熱中症予防に減塩指導は?

加工食品に含まれている
隠れ塩分に注意を促すことも

ところで高血圧患者に減塩指導を行ううえで是非参考にしていただきたい資料の一つに、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所が、2012(平成24)年の国民健康・栄養調査のデータを基に解析した「食塩摂取源となっている食品のランキング」*があります。

これによると、食塩摂取源となっている食品として、カップ麺やインスタントラーメン、梅干し、漬物、魚の塩蔵品、パンなどが挙げられています。

なかでもカップ麺とインスタントラーメンは、1食だけで現在の1日摂取目標量の7割に達してしまうことがわかります。

そのためたとえば、「インスタントやカップの麺類を食べるときはスープを残すように」といった具体的指導が求められます。

大量生産されている菓子パンやさつま揚げなどの練り製品といった加工食品は、あまり塩味を感じなくても実際は塩分が多く含まれている食品が多いもの。

この隠れ塩分については、栄養成分表示表をチェックする習慣をつけるように念押ししておくことも必要でしょう。

栄養成分表示の「ナトリウム」と「食塩相当量」に注意を

一般に市販されている加工食品については、新食品表示法により、2020(令和2)年4月からは全製品に栄養成分表示を行うことが義務づけられています。

その表示において塩分は「食塩相当量(グラム)」で表示することが求められています。
しかし従来の任意表示では、ルール上「ナトリウム(ミリグラム)」表示になっていました。

そのため、現在出回っている加工食品には、ナトリウムで表示されているものと食塩相当量で表示されているものとが混在しています。

これにより実際に加工食品を手にして栄養成分表示をチェックした際に、迷ってしまう患者が出てくることも想定されます。

そんなときのために「ナトリウム1,000ミリグラム」を食塩相当量に換算すると2.54グラムになること、「ナトリウム量=食塩相当量」ではないので注意が必要であることを、忘れずに伝えておきたいものです。

なお、健康リスクの観点から最近何かと話題にのぼることの多い「超加工食品」についてはこちらの記事を参照してみてください。
「超加工食品」を気にする患者が増えている!!

また、降圧薬のなかのカルシウム拮抗薬(ノルバスク錠、アダラートCR錠、ヘルベッサー錠など)の処方を受けた患者への服薬指導についてはこちらの記事を読んでみてください。
降圧薬の服薬指導で忘れずに伝えたいこと

寒さの到来と共に、高血圧の患者には急激な温度差による血圧の変動がもたらす「ヒートショック」対策がきわめて重要となります。詳しくはこちらを!!
高血圧患者に伝えたい「ヒートショック対策」

参考資料*:「食塩摂取源となっている食品のランキング