看護としての「傾聴」は聞くだけで終わらせない




看護としての傾聴

患者とのコミュニケーションと
「傾聴する」ということ

訪問看護師さんの半数が、訪問先で、利用者・家族から暴言・暴力を受けているとの調査結果を紹介する記事を書いたことがあります。
このなかで、暴力を受けた際に訪問看護師さんがとった対応として最も多かった回答は、
「相手の言い分をただ傾聴した」というものでした。

この「傾聴」は、訪問看護師さんにかぎらず看護師さんが患者とのコミュニケーションについて語る際に、よく口にされる言葉です。

ただ、長年看護の現場を取材して歩いてきた経験から、この言葉の使われ方、つまり意味するところが、最近ではずいぶん変わってきているように感じています。
今回はその辺のことを書いてみたいと思います。

需要が高まる訪問看護について残念な報道があった。訪問看護師の50%が訪問先で暴力や暴言の被害を経験しているというのだ。暴言や暴力は利用者だけでなく家族や親族によるものもあり、その内容はかなりシビアだ。密室性が高い場所だけに、対策が急がれる。

「傾聴という言葉は使いたくない」
と語る精神看護専門看護師

精神看護専門看護師の平井元子さんを、勤務先に取材したときの話です。
もう10年以上前のことになります。

彼女の専門であるリエゾン精神看護の観点から患者とのコミュニケーションについて聞いていくなかで、私はふと「傾聴するということですね」と問いかけたことがあります。

これに平井さんは敏感に反応し、
「私は傾聴という言葉は使いたくありません」と、断言されたのです。

続いてその理由をていねいに話してくれたのですが、当時の私は勉強不足だったこともあり、正確には理解できないままになっていました。

ところが、最近になってその明解な答えを、平井さんの著書のなかに見つけることができ、
「ああ、そういうことだったのか」と、了解することができました。

傾聴とはただ聴くことでなく
“言いたがっている”ことを知ること

最近出された著書『リエゾン―身体(からだ)とこころをつなぐかかわり 』(仲村書林)のなかで平井さんは、日々の臨床において「傾聴」という言葉をできるかぎり使わないようにしている理由を、こんなふうに説明されています。

一般的にみて、「傾聴」という言葉には、「徹底して相手の話をただ聴いている」というイメージが強く、聞き手側、つまり看護師サイドの、相手の話を理解しようとする姿勢が弱いように感じられる――と。

患者側からすれば、こころにうっ積していることを話すだけで気が晴れる、という場合も少なからずあるでしょう。
だからカウンセリングなどにおいては、
「傾聴する」ということがことのほか重視されるのだろうと思います。

しかし看護では、患者に話してもらうだけでいいケースはむしろ少ないはずです。
相手、つまり患者が言いたがっていることを正確に理解し、それにきちんと応えていかないかぎり、患者の満足は得られないことが多いのではないでしょうか。

自分の理解が正しいかどうかを
傾聴により相手に確認する

そこで平井さんは、患者から聞いた話を、自分がどのように感じ、理解したかということを、
「言葉にして患者に伝える」ことを意識して心がけているのだといいます。

その自分が伝えたことに患者の納得が得られないときは、また話してもらい、よく聞いて、さらに理解したことを伝え……と、まさに「積極的傾聴」と呼ばれるやりとりを繰り返していくことにより話を深めていくというわけです。

ただじっくり話を聞くことにウエイトを置く「受動的傾聴」も大事ですが、むしろ医療現場では、話を聞いて相手の意思を確認しつつ、必要なことを伝え、納得を得ながら話を進めていく「積極的傾聴」が大事になってくるという話を書いてみました。

コミュニケーションを通して患者を深く理解するコツは、どうもこの積極的傾聴にありそうです。そしてこの傾聴する姿勢こそが、看護が大事にしているその人らしさの尊重につながっていのではないでしょうか。

そういった具体的なやりとりを、平井さんはその著書『リエゾン―身体(からだ)とこころをつなぐかかわり 』のなかで、いくつもの事例を通して紹介しています。
ぜひ一度、読んでみていただけたらと思います。

看護コミュニケーションでは
「同意」ではなく「合意」が大事

平井さんが指摘されていることの非常にわかりやすい例として、「インフォームド・コンセント(Informed Consent)」という言葉の解釈をあげることができるのではないでしょうか。

この言葉が日本で使われるようになった当初の医療の現場では、「説明と同意」という訳がもっぱら使われていました。
しかし最近はどうでしょうか。

「説明」して相手の「同意」を得るまでの間に、患者側と医療者側の「共感」なくしてはインフォームド・コンセントとはいえないという考え方が主流になってきています。
そして、一方的に「同意」を得るのではなく、患者側と医療者側の双方が「合意」に至る、つまり「わかり合える」ことが必要なのだと……。

患者が納得できないと
看護師への暴言・暴力に進展

この「合意」に至るまでには、平井さんが指摘する「ただ聴くだけ」ではなく「言いたがっていることを理解する」プロセスが欠かせないのだろうと思います。

この相手が言わんとしていることを理解しようとするやりとりを怠り、患者側が納得できない状態が続くと、不平・不満が蓄積していき、苦情が多くなり、暴言・暴力につながるといったこともあるように思います。

さらにその先に、患者側から暴力や暴言の被害を受けている訪問看護師さんが、あるいは病院勤務の看護師さんが心身ともに疲れ果ててしまうようなことがあるとしたら……。
そんなことにならないように、どうぞ、自身をもケアしつつ患者・家族とのコミュニケーションを深め、わかり合える関係を築き上げる努力を続けていかれることを願っています。

なお、傾聴については以下の記事も是非読んでみてください。
■「傾聴のプロ」臨床宗教家が説く「傾聴のコツ」は、相手の話に耳を傾けることではなく、積極的に相手の物語に入り込み、受け入れること

「カフェ・デ・モンク」と呼ばれる移動喫茶室で宗教者らが悩める人びとの苦悩に耳を傾ける活動が広がりを見せている。この活動の生みの親である臨床宗教師の金田諦應僧侶は、傾聴のコツを「ただ聴くことではなく、相手の物語を共有しようとすること」と説いている。

■精神科医が説く「聴き方の10の基本原則」

精神科医にして産業医である小山文彦医師による「話の聴き方」の本を紹介する。といっても、カウンセリングの手法やテクニックのハウツー本ではない。テクニック云々の前に、例えば人にはなぜ口は1つなのに耳は2つあるのか、といったことを考えてみてはどうだろうか。