看護師もユーモアセンスを磨こう




看護師の笑顔


人は誰もがストレスと無縁ではいられません。
とりわけ人の生老病死のあらゆる場面に立ち会う看護師さんは、人一倍ストレスの多い日々を過ごしておられることと思います。

そのストレスを生活に適度な刺激をもたらしてくれるスパイス(香辛料)として受け止め、ストレスと上手につき合って張りのある生活を送ってほしい、というハンス・セリエ博士のメッセージを、先に紹介しました。

そこでは、ストレスをため込まないない方法として、最近ブームになっている「落語」を楽しんでストレスを適宜、発散することも提案しました。

最近、大声を出して、
思いっきり笑いましたか?

落語といえば、最近「出張寄席」が静かなブームになっています。
「出前寄席」とも呼ばれているようです。
ブームのきっかけは、2011年に起きたあの東日本大震災だとか。

いくつかの大学の落語研究会のメンバーたちが、「東北に笑顔を届けよう」を合言葉にチームを結成し、定期的に被災地を訪れては、落語を披露しているのだそうです。

その活動が徐々に発展し、最近では介護老人保健施設に入所している高齢者にも、また数は少ないものの病院を訪れて入院中の患者にも届けられるようになったと聞いています。

出張寄席を聞こうと集まった被災地の方々も、老健施設の入所高齢者たちも、そして入院患者も、来た時と寄席を聞き終えて帰っていく時とでは、表情も、歩く姿勢も、そして踏むステップもまるで別人のようだった、と伝える新聞記事を読んだ記憶があります。

そこには会場から出てきた観客の、「そういえば、大声を出して笑うなんて、本当に久しぶりだったなぁ」との声も紹介されていました。

ストレスフルな日常になりがちな看護師のあなたはどうでしょう。
最近、お腹の底から、思いっきり笑い転げたことはあるでしょうか?

毎日の看護に取り入れたい
「笑いの効用」

難病の膠原病にかかったジャーナリストで作家のノーマン・カズンズ氏が、「笑い飛ばして」病を克服したという話をご存知でしょうか。
その経緯は、『笑いと治癒力 (岩波現代文庫)』にまとめられています。

そこには随所に、かのナイチンゲール女史が教示している
「自然治癒力を生かす看護」
に通じることが、カズンズ氏の実体験として詳しく書かれています。
是非読んでいただきたい一冊です。

カズンズ氏の話が公表されて以降、まずアメリカにおいて、続いて日本においても「笑いの効用」について研究が進められるようになりました。

その結果、笑いにより交感神経と副交感神経のバランスが整えられること、がん細胞やウイルス細胞を見つけ次第攻撃して身体を守ってくれるナチュラルキラー細胞(NK細胞)の働きが活性化して、免疫力が高められることなどがわかってきています。

さらに最近では、大阪府にある大阪国際がんセンターが、瞬間的な笑いではなく、継続的な笑いの効用を実証する研究に、地元のお笑い芸人らの協力を得て取り組むことが発表され、その成り行きに注目が集まっています。

「笑い」に免疫力を高める効果が期待できることは欧米での実験で確認されている。日本でも初めて、その実証研究がお笑い芸人の協力を得て行われ、その効用が確認されている。研究対象はがん患者だったが、認知症をはじめとする他の患者にも応用できそうだ。

また、その後の研究では、笑いが自己効力感(セルフエフィカシー)を高めることにより、慢性疾患患者のセルフケアの維持に大きく貢献することがわかったことも、発表されています。

笑いの効用としては免疫力アップがよく知られている。加えて今度は、自己効力感を高める効果を実証しようと、大阪国際がんセンターで研究がすすめられている。自己効力感は、慢性疾患患者のセルフケア支援に欠かせない視点の1つ。それだけに研究結果が待たれる。

患者と笑い合えるような
かかわりで免疫力を高める

免疫力を高めることに関しては緑黄色野菜の代表ともいえるブロッコリーから発見された栄養成分のスルフォラファンが、このところ注目を集めています。

しかし、このような健康食品の類に頼る前に、看護師のあなたには自らのメンタルヘルスケアとして、たとえば落語を楽しんでいただきたい――。

落語に限らず、漫才のようなあまり騒がしくなく、お腹の底から声を出して笑えるような「お笑い」もいいと思います。

笑いを楽しんで、日々のストレスを発散させつつユーモアセンスに磨きをかけ、そのアップしたユーモアセンスでケアのなかでのちょっとしたひとことで患者さんを笑わせて、笑いの効用を日々の看護で活用していただけたらと思います。

その際には、思いっきり笑えるように、自宅で簡単にホワイトニングができることで人気の はははのは ホワイトニング ジェル などで歯を白くしておけば、笑顔が輝いて、その効用もアップするのではないでしょうか。

「笑い合える関係」が発展して
「わかり合える」関係に

ちなみに、精神看護専門看護師として臨床でリエゾン精神看護活動を長年にわたり続けている平井元子さんは、最近著された『リエゾン―身体(からだ)とこころをつなぐかかわり  』(仲村書林)のなかで、患者や家族と「結果的に”笑い合える”ように」かかわることの大切さを説いておられます(p.179-188)。

仮にその笑いが瞬間的なものであったとしても、笑い合ったそのときに、何かしら通じ合えるものが生まれ、患者との関係が深まっていく端緒になるようです。

おそらくあなたもそんな経験をお持ちのことと思います。

現実的な話として、臨床の厳しさを思えば、そう笑ってばかりもいられないと思われる看護師さんも少なくないでしょう。

それでもやはり看護師さんには、緊張した硬い表情よりも、思わずこころが和むような柔らかい笑顔を望む患者や家族が多いのではないでしょうか。