生活の再構築を必要としない患者はいるだろうか




リハビリチーム

「生活の再構築」と
リハビリテーション看護

年に3回ほど集まり、一緒に食事をしながら近況を報告しあう仲間がいます。
私以外はみなさん看護職ですが、年齢も専門分野もバラバラ、病院勤務もあれば在宅ケア経験の長い方、大学教員もいるといった具合に職場もバラエティに富んでいます。

いずれも35歳を超えた女性ですから、話の始まりはいつも「この季節は肌が荒れるわよね」「あなたの肌はずいぶんしっとりしているけど、何か特別なことをしているの?」といったような、女性が集まれば必ず登場する話題で盛り上がります。

ひとしきり女子トークを楽しんだところでYさんが、
「生活の再構築をするリハビリテーション看護って、まさに看護そのものだと思わない?」
と言い出したのです。

結局その日の食事会は、この話に終始したのですが、そのなかに、とても意味深い発言がいくつかありましたので、今回はその一部を紹介してみたいと思います。

リハビリテーションにおける
看護師の役割を問われて

Yさんは回復期リハビリテーション病棟で看護師長の任に就いて3年になります。
先の発言のきっかけは、最近急性期病棟から異動してきた20代の看護師さんから、こう尋ねられたことにあるといいます。
「リハビリテーションにおける看護師の役割って何ですか?」

「あなたはどう思う?」と問い返したところ、こんな辛辣な答えが返ってきたそうです。
「先輩たちがリハビリテーション看護としてやっていることは、リハビリ職の方々がやっていることと大差ないから、彼らに任せていいのではないかと思うんです」

さらにこうも指摘したそうです。
「実際、先日院内で開かれたリハビリテーション看護の勉強会でも、講師に理学療法士さんを招いて、技術的なことを話してもらったわけで……。そうなると、看護師がリハビリテーションのまねごとをやってもあまり意味がないように思うんです」

やっていることは同じに見えても
看護師のリハビリには独自性が

新しくやってきた後輩からの、この遠慮のない、あまりに正直過ぎる言葉に、
「痛いところを突かれたと思った」とYさん。
一息ついて、こう続けました。

「確かに訓練ということでいえば、看護師もリハビリの専門家たちもやっていることは表面的には同じように見えるかもしれない。でも、そのベースにある考え方には、生活の再構築という面において看護独自のものがあるから、実際にやっていることには微妙な違いがあるわけで、その辺のことをしっかり伝えていく必要があるのだろうと反省させられた――」

これを受けて、ワイングラスを片手に、時々軽くうなづきながらYさんの話を聞いていたNさんが、次のように返しました。
彼女は看護大学で教鞭を執っています。

「その看護独自のことって、その人らしい生活を再構築するということでしょ。看護師はそのことを常に考えながらやっているということでしょ」

なお、今日の話題の「生活の再構築」については、慢性疾患看護専門看護師の下村晃子氏による『生活の再構築―脳卒中からの復活を支える 』(仲村書林)が参考になります。

看護師は継続性をもって
生活の再構築を考えていく

Nさんの専門であるがん看護の領域でも、最近では、厚労省が研修会を開催するなど、国をあげてがん患者のリハビリテーションに力を入れ始めています。

訪問看護師の秋山正子さん等が中心となり東京・豊洲に設立したマギーズ東京も、がん患者の社会復帰に向けたリハビリテーションを意図したものといっていいでしょう。

こうした動きを受け、否応なく彼女も、「がんリハビリテーションにおける看護の専門性」ということを、このところ改めて考えるようになったそうです。

「そこで再認識したのは、やっぱり私たち看護職は、その人らしい生活ということを第一に考える職種だということなのね。もちろん、医師もリハビリ職の人たちもそのことは考えているのだけれど、私たちは、病気によって今までどおりにいかなくなっている患者の生活のもろもろをいかにして元の生活に近づけるように再構築していくかということを、継続性をもって考えていくわけでしょ。そこが彼らとは違う、つまりそこにリハビリにおける看護の独自性、専門性があると思うのよね」

看護現場や教育現場を取材していると「その人らしさ」が「よい看護」の代名詞のような印象を強く受けます。では、この「その人らしさ」をどうとらえ、日々の看護に如何に生かしているのか。とかくその人の言いなりになることと捉えがちなのですが……。

生活の再構築としてのリハビリ看護は
すべての看護師に求められている

ワインの影響もあって、話が少々理屈っぽくなってきたのを受けて、訪問看護師のキャリアが長いKさんが、こんなふうに話を解きほぐしてくれました。

「病気になれば誰だって、生活のあらゆる面で多少なりとも軌道修正が必要になってくる。そのとき看護職は、その人がこれまでどう生きてこられたのかということを振り返りつつ、家族や友人など周囲の人との関係性も見ながら、これからどう生活していくかを患者さんと一緒に考えて、生活を再構築する手助けをしていくということよね。これをリハビリテーション看護と捉えるなら、このようなかかわりは、領域の別なく、また急性期、慢性期に関係なく、すべての看護師が目の前の患者すべてに日頃やっていることだと思うの」

これを聞いて私の頭に、
「リハビリテーションはすべての医師の務めである」
というフレーズが思い浮かびました。

医療現場で取材をするようになってすぐの頃に読んだリハビリテーションに関する本の中にあったものです。うろ覚えながら、確かラスクというアメリカのリハビリテーション医学の指導者の言葉だったと思います。

そのフレーズをみんなに伝えると、
「それは医師だけでなく、看護職をはじめすべての医療者に共通して求められることよね」
「つまるところ、生活の再構築としてのリハビリテーション看護を必要としない患者なんかひとりもいないということにならないかしら」
となり、いったんそこで合意が得られたのでした。

突き詰めるとナイチンゲール看護へ

この話には続きがあり、結局はナイチンゲール看護へと発展していきました。
その話の概要をコチラの記事にまとめてありますので読んでみてください。

ナイチンゲールが看護の基本を『看護覚え書き』として著してから、160年が経とうとしています。そこでは「看護観察」の大切さが説かれ、その観察では「できないこと」ではなく「できること」に視点を置き、その人の持てる力を最大限生かせるようにと……。

なお、ナイチンゲールについては、看護のみならず優れた統計学者としての側面も領域を超えて高く評価されています。この点に関心のある方はコチラの記事を読んでみてください。

「近代看護の母」として知られるナイチンゲールだが、実は統計学領域でも優秀な先駆者だったことが、厚労省の不正統計問題に絡み、改めてクローズアップされている。あのクリミアの戦地における活躍一つ見ても、看護研究が国を動かすこともあり得るのだと……。