がんサバイバーのリハビリテーション




実行

がんサバイバーがフィットネスで
サバイバーシップを発揮

珍しく朝早く目覚めてしまい、何気なくテレビをつけると、7,8人の女性たちが輪になって、何やらエクササイズをしている様子が映し出されました。

「名古屋医療センターでは……」というナレーションを聞き、「えっ?」と一瞬驚きました。いずれもがんサバイバー、つまりがんを経験している女性たちで、医療センター内で開かれている「キャンサーフィットネス教室」に集まり、こうして定期的にからだを動かしているのだと、ナレーションは続きます。

輪の中心で、明るく大きな声で掛け声をかけているのは、キャンサーフィットネスインストラクターの村山民愛(みね)さん。
「彼女もがんサバイバーです」との説明に、さらに驚かされます。

「がんになった当初は、死ぬことばかり考えていました。でも、がんでも笑っていいのだ、せっかく助かった命だから、自分でできることをして楽しく生きていこうと思えるようになっことが、インストラクターを始めたきっかけです」
インタビューに答え、村山さんがこう語っているのを聞き、「これぞがんサバイバーシップだな」と思ったものです。

がんサバイバーのための運動教室が
自分らしさを取り戻すきっかけに

テレビ(NHK総合「おはよう日本」)から流れてくるナレーションによれば、村山さんは5年前、47歳でステージⅡ~Ⅲ期の口腔がんを発症し、2度にわたる手術を経験しています。
がんの診断を受けた時点では、「がんイコール死」のイメージが強かったという村山さん。
診断を受けてすぐに、長年続けてきた仕事もリタイア。手術を終えて退院してからは、家に閉じこもりがちの生活だったそうです。

しかしその後、家族の支えもあって、気持ちが前向きになってきたのが幸いしたのでしょう。
治療を受けた病院でがんサバイバーのための運動教室が開かれていることを知り、すすめられるままに参加。これが、大きな転機となったようです。

がんになる前に、趣味としてフラダンスを習っていたこともあり、「からだを動かす喜びを思い出すと同時に、曲を聞くと温かい気持ちになってきて、自分らしさを取り戻すことにつながっていった」と村山さん。

手術からおよそ1年半が経った頃、「がんになったら運動しよう」をキャッチフレーズに活動している一般社団法人「キャンサーフィットネス」の存在を知ると、がんサバイバーを対象に運動の指導ができるインストラクターの資格取得のための準備に着手。
ほどなくして資格を取得してからは、本格的に社会復帰し、今では、がんの治療と仕事、さらに趣味も併行して続ける生活を送っているそうです。

がんサバイバー間のピアサポートが
サバイバーシップを高める力に

一般社団法人「キャンサーフィットネス」は、村山さんが実践しているように、運動(フィットネス)を通して、がんサバイバーたちが、がんとともに充実した生を生き抜いていく力、つまりサバイバーシップを高める支援をしていこうという団体です。

がんになったら、心身ともにエネルギーのすべてを治療に注げるように、運動など一切せずに静かにしていた方がいいのではないかと、普通は考えがちです。
しかしキャンサーフィットネスは、「がんになったからこそ、からだを動かして、笑顔で元気に」と呼びかけています(資料:「キャンサーフィットネス」ホームページ)。

加えて「キャンサーフィットネス」は、インストラクターに、自らもがんサバイバーであることを求めています。つまり、「キャンサーフィットネス」の運動教室に集まる人は、インストラクターも参加する人たちも、全員ががんサバイバーということになります。

そこに集うことで、彼らは、同じような立場にある仲間と悩みや体験してきたことを語り合い、「つらい思いをしているのは自分だけではない」ことに気づいて、失いかけていた自信を取り戻すきっかけを手にすることができます。

このようなセルフヘルプ活動としてのピアサポートが、自分のなかにあるがんサバイバーとして生きる力、すなわちがんサバイバーシップを高めることにつながっているようです。
だからこそ、こんなに明るくしていられるのだろうと、テレビ画面に映しだされたがんサバイバーたちの笑顔を見ながら思ったものです。

なお、がんサバイバーによるセルフヘルプ活動としてのピアサポートについては、がん看護専門看護師の近藤まゆみさんが、著書『臨床・がんサバイバーシップ―“生きぬく力”を高めるかかわり 』(仲村書林)のなか(P.170-181)で「がんサロン」の取り組みを例に、わかりやすく解説しておられます。関心のある方は参考にしてみてください。

がんサバイバーシップを高める
がんリハビリテーション

ところで、わが国のがん対策推進基本計画は、その第3期基本計画が2018年3月に閣議決定を経て公表されています。その計画を見ると「がんのリハビリテーション」という項目が新たに盛り込まれています(p.28)。第2期基本計画までは「その他」のなかに置かれていたことを思えば、一歩前進ということでしょう。

このことは、がんサバイバーのサバイバーシップを高め、QOL (生活の質)をより充実したものにしていくうえで、リハビリテーションが不可欠との認識が広く行き渡ったことの証左でもあると思うのですがいかがでしょう。

そこでは、「機能回復や機能維持のみならず、社会復帰という観点も踏まえた」リハビリテーションの必要性が強くアピールされています。

がんリハビリテーションとしての運動療法は、抗がん剤や放射線治療中に開始すると、がんそのものや治療の副作用などによる「がん関連倦怠感」と呼ばれる体力や気力の低下を防ぎ、より早い社会復帰につなげる効果が期待できるとされています。

この場合の運動には、ウォーキングやエアロバイク(エルゴメーター)を漕ぐなどの方法による有酸素運動で、呼吸を乱さず少し汗をかく程度の運動を1回20~30分間、週3日から5日行うのが理想的とされています(資料:国立がん研究センター  がん情報センターテキスト『がんの療養とリハビリテーション』p.11-12)。

「キャンサーフィットネス」では、がんサバイバーのための運動教室を全国各地で開いています。関心のある方はホームページを参考にしてみてください。
なお、患者に運動教室を紹介する際は、患者個々について事前に医師によるリハビリテーションの適応判断を受けておくことをお忘れなく。