デスカンファレンスと看護師のグリーフケア




カンファレンス

看取った患者をめぐり
カンファレンスをしてますか

看護師さんには触れられたくない話題でしょうが、病院における点滴連続死事件で逮捕されている元看護師の女性が、3人目の患者を殺傷した容疑で再逮捕との報道が流れています。

定期的に集まっては近況報告や情報交換をしている看護職の友人3人と、先日ランチをご一緒したのですが、話題はこの残念な事件のことに集中しました。

この件に関しては、先に、私なりに感じたり考えたりしたことを簡単な記事にまとめています。読んでいただけましたでしょうか。
→ 終末期ケアを担う看護師にグリーフケアを

今では「元看護師」となっている容疑者ですが、報道によれば、彼女が勤務していた病棟では、連日のように患者が死亡していたそうです。

そのような現場にいて、
「いのちの終わりにかかわり続けることに、彼女は疲れてしまったのではないか」
「そのやりきれない気持ちをチームの仲間と分かち合うようなことができていれば、こんな最悪の、人として決して許されない行為に至ることはなかったのではないだろうか」
といったことを、その記事では書いています。

ランチをご一緒した友人たちも、ほぼ同じことを考えたようで、
「患者さんを看取った後に、せめてデスカンファレンスのようなかたちで、自分たちがケアしてきた患者さんの死を悼むような、いわゆる喪(も)の作業ができていたら……」
という話になりました。

看護師一人ひとりが
悲嘆(グリーフ)を語り合う

緩和ケア病棟やホスピスで始まったデスカンファレンスですが、最近では、急性期、慢性期の別なく、一般病棟においても徐々に行われているようです。

その日ランチをご一緒した一人、Oさんは、東京近郊の総合病院で急性期病棟の看護師長を務めています。彼女の病棟でも3年ほど前からデスカンファレンスに取り組んでいるそうです。
とはいえ、「なかなか思うようなデスカンファレンスになっていない」と言います。

なぜなら、「亡くなられた患者さんに自分たちがしてきたケアを、あれでよかったのだろうかと振り返り、少しでも次の終末期ケアの質の向上につなぎたい、という観点からの話にどうしても終始しまいがちだから」と――。

これでは通常のカンファレンスと何ら変わりはない、とつぶやきつつ、こう続けます。

「かかわってきた看護師一人ひとりの悲しみとか無念な思い、後悔といったことを忌憚なく語り合って、看護師のグリーフケアにつなげることができればと思ってはいるのですが、なかなかそこまではいっていない……」

Oさんのこの話に、「私たち看護師には、自分の感情は、少なくとも看護している現場では出さないようにしようという、ある種の自制心のようなものが常に働いているから、デスカンファレンスの場といえども、自らの悲嘆の気持ちを打ち明けたり、語り合ったりするのは難しいと思う」と話したのは、訪問看護師のKさんでした。

デスカンファレンスにおける
リーダーシップは看護師が

Kさんは訪問看護師としてのキャリアが長いのですが、最近になって初めて、病棟でのデスカンファレンスに参加するという体験をしたと言います。

3年ほど在宅ケアを担当してきた患者が急変し、以前入院していた病院に救急搬送されたものの、1週間ほどで、搬送先の病院で亡くなられるということがあったそうです。

この患者のケアを振り返るデスカンファレンスを開くから「是非参加してください」と、病院側の退院支援担当の看護師さんから誘いを受けて出掛けて行った。
でも、「私がイメージしていたデスカンファレンスとは程遠いものだった」と――。

Kさんによれば、そのデスカンファレンスには、看護チームのスタッフに加えて担当医も参加していて、カンファレンスはその医師のリーダーシップで進められていたそうです。

「だからどうしても、この患者さんはどうして亡くなったのかという病気と治療の経緯を医学的に説いて聞かせるような話が中心になっていて、患者さんのケアに関する看護師の発言はあまりなかった。ましてや患者さんを看取った後の自分たちのこころの動きを吐露し合うなんてことは、とてもできる雰囲気ではなかった」

「この進め方では、デスカンファレンスに本来あるべきグリーフケア、グリーフワークとしての意味はないのではないかと思った。やっぱり看護師がリーダーシップをとるようなデスカンファレンスでないと……」というのがKさんの正直な感想だったようです。

なお、訪問看護師のKさんが指摘している現状のデスカンファレンスが抱える課題については、早い時期からデスカンファレンスの必要性を説いている広瀬寛子さんが著書『悲嘆とグリーフケア』(医学書院)のなかで整理しておられます(p.201-205)。

現行のデスカンファレンスに満足されていない方には一読をおすすめします。

あるいは、最近活躍が目覚ましい臨床宗教師が身近にいれば、その場に招くといった提案をしてみるのはいかがでしょうか。
→ デスカンファレンスに臨床宗教師の参加を

「対象喪失」感情を語り合うことが
相互のグリーフワークに

看護師さんとして、あるいは訪問看護師さんとして仕事を続けていくからには「患者の死」に直面する事態は、おそらく避けて通れないでしょう。

このときの看護師さんのこころの動きについては、リエゾン精神看護専門看護師の平井元子さんが『リエゾン―身体(からだ)とこころをつなぐかかわり  』(仲村書林)のなかで、自らの体験を通して、多くのページを使い詳しく書いておられます(p.165-178)。

まずは読んでみていただきたいのですが、そのなかに出てくる「対象喪失」という心理反応の存在が、看護師さんのグリーフケア・グリーフワークということを考えるうえで大きな意味を持っているように、私は感じています。

自らの対象喪失感情に目を向けて

「対象喪失」について平井さんは、「人が大切に思っている人を失ったときに起こるさまざまな心理反応」であり、通常は配偶者や親、子どもなどの重要な他者を失ったときに起こる反応だが、一定期間に限り役割としてかかわるだけの看護師も経験する感情ではないか、と書いておられます。

実際のところ平井さんも、「私自身、何人かの患者との死別後に、このような心理反応を体験した」ことがあるとのこと。

また、看護師数人へのインタビューからも、それぞれが印象に残る患者との別れのあとに、同様の反応を体験していることを確認できたとし、こんなふうに記しておられます。

もちろん、末期の患者を担当した看護師のすべてが、このような感情を経験するとは思っていいません。また、経験しなければならない感情でもありません。ただ、自分に何が起こっているのか、起こる可能性があるのかを知っておくことは必要だと思います。

引用元:『リエゾン―身体(からだ)とこころをつなぐかかわり』p.176

この自覚があってこそ、デスカンファレンスで自らの気持ちを語ることの重要性やグリーフケア・グリーフワークの意義を深く理解し、実践に持っていくことができるのではないかと思うのですが、看護師のみなさんはいかがお考えでしょうか。

なお、看護師さん自らのグリーフケアについては、こちらの記事で書いているようなとらえ方をしてみるというのはいかがでしょうか。
→ 看護師によるグリーフケアとしてのエンゼルケア