看護師の「抗がん剤曝露が心配」




看護師の抗がん剤ばく露

がん看護に伴う
「抗がん剤職業性曝露」リスク

都内の大学病院で看護師として働いている20代の知人から、珍しく「私の将来について相談したいことがあるのですが、会っていただけますか?」とのメール。看護師になってちょうど2年半の彼女です。

「結婚話かな……」「仕事がきついから転職したいとでもいうのだろうか……」等々、あれこれ勝手な想像を巡らせ、「看護師をやめたいという話だったら、どんな仕事もそれなりの苦労はあるのだから」と少し活を入れてやろうなどと考えながら、約束の場所へ向かいました。

ところが、会って話を聞いてみると、私の想像はまったく的外れのものでした。
彼女には仕事がつらいとか、看護師をやめたいなどという考えはみじんもなかったのです。

彼女はむしろ前向きでした。「この先もずっと臨床で看護師を続けていきたい」と気持ちもすっかり固まっていました。しかも、大学院で勉強をし直して、なんとかしてがん看護専門看護師の道に進みたいと考えているというのです。

ついては、「がん患者にかかわっていく以上、抗がん剤を取り扱うことは避けられないと思うのですが、抗がん剤の職業性曝露(ばくろ)ということが引っかかっているんです。
その影響は子どもの世代にまで及ぶ可能性もあると聞くと、心配になります。やはりいずれは結婚して母親にもなりたいですから……」という相談だったのです。

抗がん剤の職業性曝露リスクが
最も高いのは調剤業務

抗がん剤による職業性曝露のリスク、つまり抗がん剤治療を受けている患者にかかわる看護師さん等医療スタッフの方々が抗がん剤汚染を受ける危険があるということは、わが国においても、ここ数年の間に広く知られるところとなっています。

ことはがん医療に携わるスタッフ個々の健康にかかわることだけに、曝露防止に向けた取組みがさまざまなレベルで進められていることは、私自身も承知しており、彼女の相談に応えるだけの知識はありました。

抗がん剤は取り扱っている間にエアゾール化して、空中に拡散します。そのため、まずは抗がん剤を調製(ミキシング)する段階で、そのエアゾール化して空中を浮遊している抗がん剤を吸入して、汚染される危険があります。
調製を終えたあとの手洗いが不十分であれば、手についた抗がん剤を食事の際に、経口的に体内に入れてしまうこともありうるでしょう。

このことから明らかなように、抗がん剤の職業性曝露リスクが最も高いのは、その調製段階だといわれています。ただしこの業務は薬剤部が一手に引き受け、「安全キャビネット」や「クリーン・ベンチ」と呼ばれる隔離されたなかで行うようになっている医療機関が、最近は多くなっているようです。

ですから、この調製段階で看護師さんが抗がん剤に曝露する危険はまずないと考えていいでしょう。とはいえ、病院の規模などによっては抗がん剤の調製場面に看護師が居合わせることがあるかもしれません。そこにクリーン・ベンチのような設備がないことも考えられますから、その際は、徹底した曝露防止対策が求められることはいうまでもありません。

専用防護具の装着により
抗がん剤曝露リスクを防ぐ

看護師さんが抗がん剤の曝露ということを強く意識して動く必要があるのは、そのあとです。抗がん剤の入った輸液パックから輸液ラインを外すときやラインの末端を操作するときに、輸液が飛散して、からだに付着するということが起こりえます。

このような不測の事態に備え、用意されている専用の個人用防護具(personal protective equipment:PPE)、つまりマスク、手袋、ゴーグル、ガウン、キャップを、面倒がらずにきちんと装着してから抗がん剤投与中の患者にかかわるようにすれば、曝露を受ける危険は十分避けることができます。

抗がん剤による化学療法を受けている患者から排泄される汗や尿、便、さらには内服による治療中であれば服用直後に多い嘔吐物などは、そのすべてに、特に治療後2~3日間は、抗がん剤が含まれていることがわかっています。といってもその量はごくごく微量で、その処理の徹底、およびガウンテクニックと手洗いなどの対策をきちんとしている限り、曝露を受けるリスクはほとんどないと考えていいようです。

エアゾール化した抗がん剤による
環境汚染を防ぐ

むしろ注意が必要なのは、抗がん剤の入った輸液で使用した輸液ルートや輸液パックの扱いです。これらは終了後直ちに密封処理することが求められています。
それを怠ってナースステーションなどに放置していると、輸液ルートやパック内に残っていた抗がん剤が空中に浮遊して環境を汚染し、曝露を受けるリスクを高めることになってしまいます。

このように抗がん剤による職業性曝露の研究は進んでおり、防護対策も普及していることから、幸いこれまでに、医療スタッフが抗がん剤曝露により深刻な健康被害を受けたという報告は、私が調べた限り、どこにもないようです。

以上は、これまでがん看護専門看護師やがん化学療法認定看護師、さらにはがん薬物療法認定薬剤師の方々への取材を通して得られた知識を、私なりにアトランダムにまとめたものです。

彼女と会った翌日、このような情報をメールで伝え、日本がん看護学会が参加して作成した『がん薬物療法における職業性曝露対策ガイドライン 2019年版』(金原出版)なども出ていて、「手のうちようはあるようだから、心配しすぎないで目標に向かって進んでほしい」旨、最後に付記しておきました

胃瘻からの抗がん剤投与時も
看護師は防護対策の徹底を

別件で消化器外科の医師を取材した折に、たまたまがん薬物療法施行時の抗がん剤による職業性曝露が話題になりました。
その医師が「とても気になっていることがある」として話してくれたのが、胃瘻から抗がん剤を投与するときにあまりに無防備な看護師さんが多いとのこと。
その防護策を要約すると、まずは以下の3点を徹底する必要があるとのことです。

  1. 抗がん剤投与を開始する前に、胃瘻カテーテルを接続チューブを必要としないチューブタイプに交換しておく
  2. 抗がん剤を準備する前に個人用防護具、いわゆるPPE(マスク、手袋、ゴーグル、ガウン、キャップ)を装着する
  3. 薬剤の溶解に使用した容器や投与時に使用するカテーテルチップはすべてディスポーザブル(使い捨て)にする

詳細は、前掲のガイドラインあるいは『見てわかるがん薬物療法における曝露対策 (がん看護実践ガイド)』(医学書院)に明記されていますから、是非実践を!!

看護師は日頃から
免疫力を高めるなどのセルフケアを

参考までに、抗がん剤を曝露した時の急性症状としては、皮疹、目の刺激、喉の刺激、咳嗽などがあげられます。
こちらについても、ガイドラインをチェックしておけば安心でしょう。

さらに、これは感染防護策などに共通することですが、看護師さんの抗がん剤曝露防護策の基本として、ご自身の免疫力を日頃から高めるように、食生活面を中心とするセルフケアに努めることも忘れないでいただきたいと思います。
なお、ドレーン管理時の抗がん剤曝露防止策については回を改めて詳しく書いていますのでよかったら読んで見てください。

抗がん剤使用中の患者ケアでは、抗がん剤による職業的曝露のリスクが避けられない。その防止策は徐々に普及しているが、患者の尿、便、汗などの排泄物にまつわるリスクは忘れがちではないだろうか。特にリスクの高いドレーン管理時の対策を中心にまとめた。