足のむくみと下肢静脈瘤は看護師の職業病!?




ハーブティー

長引く足のむくみは
下肢静脈瘤を疑って!!

長時間の立ち仕事が避けられない看護師さんには、足のむくみが悩みの種だという方が多いのではないでしょうか。

その場合、とりあえずの策として、弾性ストッキングを着用する、あるいはむくみ解消サプリメントを飲むなどのセルフケアに取り組んでおられるようですが、長引く足のむくみは下肢静脈瘤のサインということもあります。

弾性ストッキングを1~2週間着用してみたものの、いっこうにむくみが改善するきざしが見えない。そればかりか、足が疲れやすくだるさが増してきた、重苦しい感じが続いて、ときに痛むこともある、寝ている間に足がつって目が覚める、といった症状を自覚するようになったら、下肢静脈瘤を疑ってみるべきでしょう。

というわけで、今回はこの下肢静脈瘤について、懇意にしている40代後半のM看護師が語ってくれた体験談を交えながら、症状の改善や悪化を防ぐうえで効果が期待できるセルフケアの方法を中心にまとめてみたいと思います。

下肢静脈瘤に進むと
血管がコブ状に浮き出る

ご承知のように、下肢静脈瘤とは、下肢、特に太ももの内側やふくらはぎの皮膚のすぐ下を走っている静脈の血流が滞って血管が膨らんだような状態になり、やがて文字どおりコブ(瘤)のように浮き出てくる状態のことを言います。

「静脈瘤」という言葉から、とっさに「食道静脈瘤」をイメージして、放置しているとコブが破裂して出血といった深刻な事態になるのではないかと心配する方もいるのでは……。

あるいは、血流が滞ってできた血栓が、脳に飛んで脳梗塞を、あるいは心臓に流れていき心筋梗塞を引き起こすのでは、などと考えてしまう方もいるでしょう。

M看護師もその一人だったと言います。
かねてからの足のむくみはあったものの、ただのむくみにすぎないだろうと軽視して、足を高くして寝る程度の対応で済ませていたそうです

ところが、むくみに加えてだるさを感じるようになり、膝の内側に違和感を覚えて触ってみたところ、血管が腫れているような気がしたため、院内の血管外科外来を受診――。

「どれ診てみましょうか」と問題の箇所を触診した医師から、
「ああ、確かに下肢静脈瘤の始まりですね」と言われたときは、とっさに「えっ、じゃあ破裂するかもしれないの?」と思ったとのこと。

何しろ彼女は勤務先がずっと内科領域だったこともあり、「下肢静脈瘤については全くの素人だったから」と言います。

下肢静脈瘤で
手術が必要になるのは

彼女の表情の変化から察したのか、医師が、
「下肢静脈瘤は良性の病気ですから、いのちに危険が及ぶようなことはありませんよ。それにあなたのはまだまだ初期段階ですから安心してください」
と話すのを聞き、正直ホッとしたそうです。

下肢静脈瘤で硬化療法(刺激性の薬剤を静脈瘤内に注入して静脈を塞ぐ)やレーザー治療(体外からレーザーを照射して静脈を焼く)が必要になるのは、表在静脈のなかでも比較的深いところを走っている太めの伏在静脈にできる大きな静脈瘤の場合とのことです。

大きな静脈瘤がボコボコとして目立ったり、太った血管が蛇行しているのがはっきり見えるような場合は、この伏在型静脈瘤が考えられ、治療を検討することになるようです。

しかし幸いなことに、彼女のようなくもの巣状や網目状の静脈瘤は、痛みがあって我慢できないような場合や美容上どうしても気になるから治療してほしいという場合以外、格別の治療は必要ない、との説明を受け安心したそうです。

下肢静脈瘤の進行防止に
日常生活で心掛けたいこと

では、これ以上進行させないためにはどうしたらいいかですが、医師から説明を受け、M看護師が日々の生活で心掛けているのは以下の5点とのこと。

スタートして1カ月経った時点での感想では、
「だるさや重い感じは徐々にながら確かに緩和してきている」と言います。

  1. 立ちっぱなし、あるいは座りっぱなしの状態が長時間に及ぶときは、意識してつま先立ちや足首を回すなどして足を動かし、下肢の血流を促す(電子カルテに看護記録などを入力しているとつい座っている時間が長くなるが、その間に意識して行っている貧乏ゆすり*は、下肢の血行促進にかなり効いている感じがするとのこと)
  2. 休憩や食事の時間には、ちょっとお行儀が悪くなるが、使われていない椅子を見つけて足を乗せて高くし、下肢の静脈が心臓に還流しやすいようにする
  3. 休憩室に横になれるソファが置いてあるのを活用して、休憩時間に仰向けの姿勢で両脚と両手を上にあげ、1~2分ブルブルと小刻みに震わせる
  4. 就寝前には必ず入浴する。その際、炭酸ガスの血管拡張作用が期待できる薬用ホットタブ 重炭酸湯【医薬部外品】を溶かし入れたたっぷりの湯につかりながら、足先から心臓に向けて足のマッサージを行う
  5. 就寝中は足を高くして寝る
*貧乏ゆすりには、腓腹筋(ふくらはぎの筋肉)が動くことにより、下肢から全身の血行促進効果が期待できることが明らかにされ、「貧乏ゆすり」ではなく「健康ゆすり」、医学的には「ジグリング」と呼ばれ、ジグリングマシン のような管理医療器も広く普及している。

日々の食事を見直し
下肢静脈瘤の改善を図る

食生活の面でも、M看護師はいくつか見直しを行っています。
が、残念ながら下肢静脈瘤の改善に直接つながるような栄養素や食品は特にはありません。

しかし、日本で初めて下肢静脈瘤の日帰り根治手術をしたことで知られる北青山Dクリニック院長の阿保義久(あぼ・よしひさ)医師は、著書『下肢静脈瘤が消えていく食事 (足の血管のコブを防ぎ治す特効レシピ)』(マキノ出版)の中で、静脈を若々しく保ち、なおかつ血流がドロドロになるのを防ぐことにより下肢静脈瘤の予防、改善効果を期待できるとして、いくつか栄養素を紹介しています。
彼女はこれを参考に、毎日の食生活で以下の4点を心がけているそうです。

  1. 弾力を失った血管を修復して血液の流れをスムーズにする作用が期待できるとされるポリフェノールの一種、「ルチン」を多く含む蕎麦(特に手に入るときは「だったん蕎麦」)や蕎麦茶を常用し、アルコールを飲むときはポリフェノールのなかでもルチンの多い赤ワインを選ぶ(ルチンは玉ねぎや柑橘系果物にも多く含まれる)
  2. 血液をサラサラに保つ効果が期待できるとされるDHAやEPAを手軽に摂ることができるサバ缶やイワシ缶を多用する
  3. 静脈瘤発生要因の1つとされる「血管新生」を防ぐ効果が期待できるとされる「アントシアニン」が多く含まれている黒豆や黒ゴマ、ブルーベリーを意識して摂る
  4. ティータイムには、利尿作用の高いカリウムが多く、むくみの解消に効果が期待できるとされるハト麦茶やハイビスカス、レモングラスなどのハーブティーを選ぶ

なお、弾性ストッキングの着用については『看護師の足のむくみ改善ストッキングの選び方』で紹介している弾性ストッキング・コンダクターの指導を受け、圧迫しすぎないように注意していると話してくれました。