看護師が行うリフレクソロジーが好評です




リフレクソロジー

透析中に受ける
リフレクソロジーで笑顔が戻った

先日、勝手ながら看護師さんサポーターを自称している私にとって、とてもうれしい話を聞くことができました。長いことお目にかかっていなかった父方の叔父と、甥っ子の結婚式で顔を合わせたときのことです。

叔父は、そろそろ後期高齢者に仲間入りする年代です。
慢性の腎臓病で3年ほど前から血液透析を受けていることを人づてに聞いていて、この日の結婚式に臨席できるのかと心配していましたので、遠くからニコニコしながらしっかりした足取りで近寄ってくる叔父の姿を目にしたときは、ちょっと意外に感じました。

慢性腎臓病という病気そのものも深刻ですが、透析は簡単な治療ではありません。
週に3日、自宅から2駅先にある透析クリニックで、1回4時間ほど治療を受けているとのこと。食事制限もかなり厳しく、相当つらい生活で弱っていると聞いていました。

叔母の話によれば、透析を受けるようになってからの3年間には、「このまま死んでもいいから透析はもうやめたい」と治療に行きたがらない叔父を、幾度となく説得してきたとのこと。もともと塩っ辛いものが好きだったこともあり、減塩食を嫌って食が進まず、やせ細った時期もあったものの、何とか透析を続けてきたそうです。

それが、ここ半年ほどは、そういった愚痴めいたことを一切言わなくなった。
透析を終えて自宅に戻ってきたときの表情が、とても明るくなったと言うのです。

そう話す叔母の隣でニコニコしている叔父に、「何があったんですか」と尋ねてみました。
すると叔父は、少々得意気な表情でこう返してきたのです。

「クリニックの看護師さんがね。透析中に足裏のマッサージをしてくれるようになったんだ。それが気持ちよくてね。マッサージをしながら、食事のことなんかの愚痴を聞いてくれるのもありがたくてね。マッサージにアロマオイルっていうのを使っているから、いい香りもして、ずいぶん癒されているんだよ」

リフレクソロジーがもたらす
緩和ケアとしてのリラックス効果

叔父が透析中に受けているケアが、最近では医療現場、特に看護の領域で認知度が高まっている「リフレクソロジー(Reflexology)」であることはすぐにわかりました。

リフレクソロジーは、「足裏マッサージ」、あるいは「足ツボマッサージ」と同義語のようにとらえられている節がありますが、正確にはちょっと違うようです。
足裏マッサージや足ツボマッサージは、足裏にあるツボを親指などで指圧して刺激し、気の流れをよくすることを目的に行われるものです。

これに対してリフレクソロジーは、あえて日本語にして言えば「反射療法」です。
足裏や手のひらに集まっている神経の「反射区」と呼ばれる部分を利用して、そこを押すなどして刺激を与えることにより、血液やリンパの流れをよくしたり新陳代謝を活性化させたりして症状緩和を図り、体調を整えようというケア方法です。

足の裏や手のひらには、末梢神経が網の目のように走っています。
その神経の分布には一定の秩序があり、そこには身体の各臓器や器官に直結すると考えられている末梢神経が集中している箇所があります。
神経のツボといってもいいようですが、そこが反射区と呼ばれる部分です。

その反射区が描かれた「反射区マップ」を参考に、たとえば胃の調子が悪いときはそのマップ上に「胃」と書かれている部分を刺激してあげると、胃への血流量が増え、リンパの流れもよくなって、症状が和らいで胃の調子がよくなるといった感じです。

以上は、我が家のがんサバイバーの免疫力アップと私自身のセルフケアに役立てたいと考えて受講したリフレクソロジー&美アロマインストラクター 通信講座で学んだ知識です。

私の場合は2か月ほどかかりましたが、早い人は1か月で全講座を修了できるそうです。
通信講座ですから、自宅で、自分の都合のいい時間に学ぶことができ、スキルを身につけて緩和ケアやリラクゼーションに役立てたいという看護師さんにはおススメです。
看護師さんを悩ます勤務後の足の疲れやむくみのセルフケアにもいいですよ。

リフレクソロジーによる
触れるケア効果がこころも癒す

叔父の話を聞いた数日後、取材がきっかけで、以来ずっと親しくさせていただいている訪問看護師のNさんに、このリフレクソロジーの話をしてみました。
すると、「要はタッチング、つまり触れるケア効果よね」と、いとも簡単な、しかし看護の基本をついた説得力のある返事が返ってきました。

「手当て」という言葉があるように、患者さん、とりわけ深刻な病を得て大きな不安と苦悩のなかにいる患者は、何気なく触れる看護師さんの手の温もりを感じるだけで、気持ちがずいぶん楽になるという話はよく耳にします。

とりわけ高齢の患者が日に日に増えている看護の現場にあっては、リフレクソロジーのような触れるケアは、看護師さんの笑顔同様に、あらゆる患者さんのこころに届くケアとして、改めて見直されているようです。

授乳中の母親はなんと穏やかな表情をしているのかと感心させられる。その穏やかさに「癒しホルモン」として知られるオキシトシンが大きく影響していることはよく知られている。このオキシトシンとタッチングケアによる癒しにはただならぬ関係があるという話を書いてみた。

看護スキルとしてのリフレクソロジー活用例

そう思って電話やメールで取材してみると、実際にリフレクソロジーを看護スキルとして日常的に活用している看護師さんが少なくないことがわかりました。

ある外科領域の看護師さんは、術前オリエンテーションの際に不安を強く訴える患者に、簡単なリフレクソロジーをしながら手術に関する説明をしたところ、そう時間もかからずに落ち着きを取り戻すことができたと話してくれました。
参考までに彼女は『よくわかる理論と実践 リフレクソロジー』(ガイアブックス)を参考書としてすすめています。

便秘が続いている患者に、腸の反射区を中心にマッサージ刺激を与えるリフレクソロジーを続けたところ、その夕方には「腸がゴロゴロ鳴って、動いている感じがする」との反応があり、その翌日のリフレクソロジー実施後に、「便がたくさん出ました」と笑顔で報告してくれた、といった話もありました。

緩和ケアの領域では、薬ではなかなか対処しきれない倦怠感のような症状の緩和に、リフレクソロジーが役立っているようです。

おそらく活用できる場面はもっとあるのだろうと思います。現時点では、残念ながら診療報酬の評価対象にはなっていませんが、成果をエビデンスとして積み上げていくことで、補完代替療法の一つとして評価される日もそう遠くないように感じています。

その時に備え、リフレクソロジーをきちんとマスターしたいという方には、6か月という長めの受講期間でコストも高めですが、日本リフレクソロジスト認定機構(JREC)の通信講座看護・介護者に役立つ介護予防リフレクソロジー講座もあることを付記しておきます。