せん妄予防ケアにDELTAプログラムの活用を




やすらぎ

せん妄予防の取り組みに
「DELTAプログラム」導入進む

高齢化の進行に伴い増えている「せん妄」は、一般の医療機関で診療を受けている高齢患者(65歳以上)のほぼ30%に認められると言われています。

患者の安全を考えると、認知症に負けず劣らずケアに難渋することが多いようですが、早い段階でそのリスクに気づき、直ちに予防的な取り組みを行うことにより、発症、さらには重症化を防止できることがわかっています。

この予防的な取り組みについては、ここ数年さまざまな提案が行われています。

そのなかで、高齢入院患者に多く見られる「認知症を疑わせる混乱した状態」が「認知症によるものなのか、せん妄なのか」を見分けるうえで押さえておきたいせん妄のリスク確認の方法については、国立がん研究センター東病院の「せん妄アセスメントシート」を中心に、先の記事で紹介しました

今回は、このリスクアセスメントから始まる予防的な取り組みの一例として、このところ高齢患者が多く入院する病棟を中心に導入が増え、その導入効果についても評価が高まっている「DELTA(デルタ)プログラム」について、書いてみたいと思います。

なお、せん妄アセスメントに関する話はこちらの記事を読んでみてください。
→ 認知症と決めつける前に「せん妄」チェックを

DELTAプログラムの対象は
がん治療中の患者に限定されない

「DELTAプログラム」とは、正確には「Delirium(せん妄)Team Approach」、つまりせん妄に対する多職種チームによるアプローチのための教育プログラムです。

もともとこのプログラムは、がん治療中の患者に比較的高頻度で見られるせん妄の予防や初期対応ができるようにと、国立がん研究センター先端医療開発センターの小川朝生医師(精神腫瘍学開発分野長)を中心とする研究チームにより開発されたものです。

しかし、今や医療機関を受診、あるいは入院する高齢患者は増える一方で、せん妄の問題は診療科の別なく喫緊の課題になっています。

がん領域に限ることなくあらゆる領域において、せん妄のリスクアセスメントや、ハイリスク者におけるせん妄症状のアセスメント、さらには予防的ケアを行うことが、病棟の看護師を中心とする多職種スタッフに求められるようになっているのです。

こうした現状にあって、せん妄による患者自身の苦痛緩和や家族の負担軽減、転倒・転落や点滴ルートの自己抜去のような医療事故の減少、さらには医療スタッフのせん妄対処スキルの向上などを目的とするDELTAプログラムに、領域の別なく関心が高まっているようです。

せん妄への予防的対応は
看護師中心に進める

DELTAプログラムは、病院や病棟の勉強会などで活用できるようにと、90分の教育プログラムと運用プログラムの2部構成になっているのが特徴です。

このうち運用プログラム、つまり日常の臨床において活用するためのプログラムは、
⑴ せん妄を見つけてからの具体的な対応の流れをシート1枚にまとめてあり、
⑵ シートを見れば「何をすればよいか」が、すぐにわかると同時に、
⑶ 対応は看護師が中心になっているが、
⑷ 随時連携すべき職種とその内容が一目でわかる
ように工夫されています。

シートに書かれている「DELTAプログラム」の流れ、すなわち患者の入院時からスタートする看護師を中心に行うせん妄へのリスクアセスメントと、その後の多職種との連携を含むチームアプローチの大筋の流れは、次のようになっています。

DELTAプログラムを用いたせん妄への系統的な対応の流れ

STEP1:看護師によるせん妄のリスク評価(アセスメントシート)
⇒薬剤師による持参薬の確認(リスク薬剤)
STEP2:看護師によるハイリスク患者への予防的対応(脱水予防、疼痛評価)
⇒主治医による予防的対応(多剤併用)、せん妄時の指示変更
STEP3:看護師による定期的なせん妄のモニタリング実施
STEP4:看護師によるせん妄の早期発見・原因に応じた早期対応開始
⇒主治医によるせん妄時の原因治療開始

(参考資料:せん妄の予防・治療を含めた対応プログラムの開発*¹)

書籍が刊行され
DELTAプログラムがより身近に

DELTAプログラムにおいては、一般のガイドラインやマニュアル、あるいは手引きの類とは異なり、せん妄の症状評価トレーニングやせん妄への対応を実践するロールプレイなどの教育プログラムが大きな要素を占めているのが特徴です。

そのため、プログラムが公開された当初は、院内研修会や病棟の勉強会などで活用するプログラムとしては素晴らしいが、多職種によるチームアプローチという課題もあり、個人レベルで日常の臨床で活用するには少々難があるのではないか、と正直感じていました。

そんななか、プログラムの開発から大分時間が経った今年(2019年)9月、ようやくプログラムの開発者らによりDELTAプログラムを紹介する書籍、『DELTAプログラムによるせん妄対策: 多職種で取り組む予防,対応,情報共有』(医学書院)が刊行されました。

事例を通してせん妄症状の把握、原因評価、ケアを解説

本書の編者を代表して、DELTAプログラム開発チームの指導的立場にある小川朝生医師は「序文」のなかで、日常の臨床において、せん妄症状をどのように把握し、原因を評価してケアや対応を進めていくべきかを事例を通して紹介することを心がけた、と書いておられます。

実際、第2章では看護師としてできるせん妄への対応が具体的に紹介されています。

また第3章では、治療の経過に沿ったせん妄ケアの実際が、在宅ケア場面も含むいくつかの事例を通して紹介されています。

さらに第4章のチームアプローチのポイントが書かれた部分には「看護管理の視点からみた せん妄のチームアプローチ」に関する言及があります。

さらに巻末には、資料として「DELTAプログラムのせん妄アセスメントシート」が添付されています。

この本が手元にあれば、少人数での、また個人でのせん妄に対する取り組みにもDELTAプログラムを存分に活用できるのではないかと考え、紹介させていただきました。

参考資料*¹:せん妄の予防・治療を含めた対応プログラムの開発