「ユマニチュード」で認知症者と意思が通い合う




認知症ケア

ユマニチュードはフランス発の
コミュニケーション技法

「ユマニチュード」と呼ばれるコミュニケーション技法をご存知でしょうか。
認知症者の「その人らしさ」を尊ぶことを意図したフランス生まれのこの技法が、日本の認知症ケアの現場に導入されるようになったのは、ちょうど5年前の2012年のことでした。

導入が始まった当初は、認知症高齢者が多く入所し、生活している介護関連施設に勤務する介護スタッフや自宅で認知症の家族を介護している方たちの間で、まず注目され、話題になったように記憶しています。

その後、あまり時間をおかずに、テレビや新聞、介護関連雑誌などで、ユマニチュードが盛んに取り上げられるようになりました。
そんななかで、認知症ケアに携わる看護師のみなさんも、少しずつ関心をもつようになった、という経緯があったように思います。

ただ、当時の取材を振り返ってみると、看護師さんの多くはこのユマニチュードを、「看護がずっと大切にしてやってきていることと基本的に同じで、改めて取り上げるほどのことではない」として、比較的冷静に受け止めていたように思います。

ところが、2014年にユマニチュードを紹介する一冊の本、ユマニチュード入門が医学書院から刊行され、その技法の底辺にある対人関係に関する考え方や方法論が幅広く浸透するにつれ、ちょっと様子が変わってきました。
看護界においても、認知症患者と信頼関係を築く新たなコミュニケーション技法として、認知症ケアや老人看護の専門家の方々を中心に、ユマニチュードに興味を持ち、自らの実践に応用する動きが広がってきたのです。

ユマニチュードにより
「最期の瞬間までその人らしく」

「ユマニチュード」とは、フランス語で「人間らしさ」「人間らしくある状況」を意味し、日本では「人間らしいケア」と意訳して紹介されることが多いようです。

本書の著者の一人、本田美和子医師(老年医学)は、ユマニチュード発祥の地である南フランスを訪れて、ユマニチュードの2人の創始者に直接会って話を聞くとともに、一緒にその技法が実践されている現場を訪れています。

そこでは、ユマニチュードをケア技術として身につけたスタッフたちによる、相手の人格を尊重するかかわりにより、多くの認知症者が、いわゆる認知症らしさを取り払われ、本来の「その人らしさ」を取り戻して心身ともに回復していく様子を目の当たりにして、いたく感動されたそうです。

その感動のままに帰国され、日本の認知症ケアにも、対人関係を築く「技術」としてユマニチュードを定着させたいと考え、本書をまとめられたとうかがっています。

ユマニチュードでは、「見つめる」「話しかける」「触れる」「立つ」の4つを、ケアされる側とケアする側とがお互いにひとりの人間として向き合うための基本的な技として身につけることを提唱しています。
これらの技法を、その場の状況に見合うかたちで臨機応変、かつ柔軟に組み合わせてかかわり、認知症者と信頼関係を築いていくことにより、認知症者が最期の日のその瞬間までその人らしく生きられるように支えていこうというわけです。

ユマニチュードが伝える
「常識的であること」の大切さ

ユマニチュードが基本にしている4つの技を詳しく見ていくと、まず「見る」ではなく「見つめる」としている点に大切なポイントがあるように思います。

この点については、幼かった頃に母親から、「話をするときはきちんと相手と視線を合わせて話しなさい」と繰り返し言われたことを思い出します。
ユマニチュードが基本としている「視線をきちんと合わせ続ける」ことが、相手がどのような状況にある人であっても、信頼関係を構築する第一歩であることに異議をとなえる人は、おそらくいないでしょう。

2つ目の技についても、「話す」ではなく、優しく、穏やかに、低めの声で、できるだけ前向きな言葉で「話しかける」ことをユマニチュードはすすめています。

3つ目の「触れる」については、「腕や足をつかまない」「いきなりではなくゆっくり」「一定の重みをかけて」、しかも「必ず相手の了承をとって触れるようにし、拒否されたら絶対に触れないように」と書かれています。
洋画などを観ていると、相手に「ハグしていいかしら?」と尋ね、相手がOKサインを出すとハグするというシーンがよくありますが、あの精神です。

ケアをする際には了解を得ないままに相手の身体に触れるということを、ついやってしまいがちではないでしょうか。それだけにこの指摘は重要なポイントだろうと思います。

そして最後の「立つ」には、寝たきり、寝かせきりになるのを防ぐ観点から、できるだけ身体を起こしたり、立つ機会を増やす支援をしようとの意図が込められているようです。
ただしこの点については、ケアする側の負担になるのではないかとの声もあると聞きます。

このように具体的にみていくと、認知症看護認定看護師の上野優美さんが、近著『急性期にある認知症高齢者―安心・安全を届けるかかわり (仲村書林)のなかで「常識的であることがこころを通わす基本」と書いておられることを思い出します。
相手の人格を尊重したかかわり方の基本となることは、万国共通なんだと、つくづく感じ入ったものです。

ユマニチュードを
あらゆる看護場面に活用を

その上野さんが、前掲著書の「常識を踏まえてかかわる」の章で、ご自分が認知症患者をベッドサイドに訪ねるときは、患者が認知症により記憶に支障をきたしていることを念頭に、仮に毎日ケアしている患者であっても、あるいは5分ほど前に言葉を交わしていても、初対面の方をお宅に訪問する時の手順をきちんと踏むようにしている、と記してします。

吸引や口腔ケアをする時なども、「手に触れてもいいですか?」と了解を求めたり、一通りのケアを終えた時は、協力が得られたことに「よく頑張ってくれました。お蔭できれいになりました。ありがとうございました」と声をかけるなど、「人として当然のふるまいをする」ことを大切にしているそうです(p.151-160)。

このようなかたちで、患者をかけがえのない人として尊重してかかわっていくと、重度の認知症があってもこころは通い合えることを日々実感している、とも書いておられます。

上野さんが実践しておられるのは、まさにユマニチュードの手法そのものです。こうした相手の人格を尊重することを基本にしているコミュニケーションに基づくケア技法は、実は認知症以外の患者の看護場面にも応用可能であり、人間関係の改善に役立つとの声が、あちこちで聞かれるようになっています。

そうだとすれば、看護師のあなたがこの技法を身につけない手はないでしょう。
幸い、先に紹介した入門書に加え、ユマニチュードの創始者である2人のフランス人、イヴ・ジネスト氏とロゼット・マレスコッティ氏が、「介護を拒否する」「同じことを何度も尋ねる」「突然大声をあげる」「攻撃的な態度をとる」「徘徊する」など、認知症の症状とされるさまざまな対応に苦慮する問題について、ユマニチュードの優しさを伝えるケア技術により解決する方法を紹介しているDVD、『ユマニチュード 優しさを伝えるケア技術 ‐認知症の人を理解するために』もあります。

映像を通してより理解を深め、日々の臨床で応用されると、ケアの負担感が幾分かは和らぎ、看護自体が今まで以上に楽しくなってくるのではないでしょうか。

追記:この記事を読んだという知人の看護師長さんから、このDVDを病棟の看護スタッフの皆さんの勉強会で使ってみたところ、スタッフ個々がそれぞれに認知症症状のみられる患者とのかかわり方に何らかのヒントを得たようだ、という報告をいただいています。