看護師は患者の「嗜好品」にも関心を




食事療法に嗜好品

薬を使わずに病気を未然に防ぐ
日本唯一の「嗜好品外来」

「特定保健用食品(トクホ)」に始まり、「栄養機能食品」「機能性表示食品」と、健康効果を期待できることが科学的に実証された食品が数多く出回っています。
いずれも比較的簡単に手に入ることから、健康志向が高まるなかで大変な人気です。

そんななか、生活習慣病の患者やその予備軍に該当する人たちの間で関心を集めているのが、戸田中央総合病院(埼玉県戸田市)の新たな取組みではないでしょうか。
同院では2015年10月、専門外来の一つとして「嗜好品外来」を開設しているのです。

嗜好品からうかがえる「その人らしさ」

このところのテレビなどマスメディアは、連日のように、「〇〇を食べると健康にいい」とか「〇〇が△△に効く」といった情報を流し続けています。
そのなかには、誤解を生むような過剰表現も少なくないのが現実です。
そこで、健康食品や食べ物などに関する「正確な知識の普及が必要」との考えから、同外来は誕生したのだそうです。

同時にそこには、「薬を使わずにその人が日々好んで口にしているもので病気を未然に防ぐことができれば、患者の負担が軽減されるだけでなく、増え続ける医療費の削減にもつながるのではないか」との考えも働いたと伝えられています。

その考えに、患者個々の「その人らしさ」を大切にする看護に通じるものがあると考え、今回は、日本で唯一の嗜好品外来についてまとめてみました。

看護現場や教育現場を取材していると「その人らしさ」が「よい看護」の代名詞のような印象を強く受けます。では、この「その人らしさ」をどうとらえ、日々の看護に如何に生かしているのか。とかくその人の言いなりになることと捉えがちなのですが……。

通常の食事療法や運動療法に
その人の嗜好品を加える

同院で「嗜好品外来」を担当しているのは、循環器専門医の椎名一紀医師です。
外来は毎週2回、火曜と木曜の午後に開かれていますが、実際にこの外来を受診している患者によれば、そこではおおむねこんな診療が行われているそうです。

初診の患者にはまず血液検査や心電図といったルーチン検査が行われ、その結果から心臓病や脳卒中のリスクが判断されます。
そのうえで、リスクに見合うかたちで食事と運動に関する指導が行われることになります。

その際に、患者の嗜好品を尋ね、その嗜好品が治療、つまり食事療法に取り入れられるものであれば、その効果的な摂取方法を具体的に説明するというのです。

患者は、医師から指導を受けた嗜好品を取り入れた予防・治療法を2、3か月間継続して実践します。その後、再度諸検査を受けて効果を判定し、必要があれば軌道修正をして、さらに「できるだけ薬に頼らない治療法」を続けていくことになるのだそうです。

高カカオチョコレートを
心疾患や脳卒中の予防に活用

その指導でよく用いられる嗜好品の一つに、チョコレートがあります。
チョコレートの原材料であるカカオ豆には抗酸化作用で知られるポリフェノール類が多く含まれていることはご承知でしょう。

このカカオ豆由来の「カカオポリフェノール」の含有量は、チョコレートの種類により異なります。ちなみに、「ホワイトチョコレート」として一般に市販されているもののカカオポリフェノールの含有量は30%ほどです。

一方、「ダークチョコレート(「ビターチョコレート」ともいう)」と呼ばれるやや苦みの強いチョコレートには、苦みのもとであるカカオポリフェノールが70%以上も含まれています。
しかも、砂糖や脂肪の含有量が通常のチョコよりもかなり抑えられているのです。

カカオポリフェノールの抗酸化力に着目

この高カカオチョコレートを少量ずつ継続的に摂取したところ、血圧の低下や善玉コレステロールの増加が認められたとする研究結果が報告されているのです。

カカオポリフェノールに、悪玉コレステロールの酸化を抑えて善玉コレステロールを増やすことにより腸内環境を改善して動脈硬化のリスクを減らしたり、血管の収縮を促して血圧を下げたりする作用があり、これらの作用により循環器疾患の予防効果が期待できるというわけです。

同外来では、高カカオチョコレートと同じような効果が期待できる嗜好品として、ポリフェノールの多い赤ワインや血液サラサラ効果があるとされるαリノレン酸が多いクルミなどのナッツ類も活用しているそうです。

慢性期看護に求められる
「その人の嗜好品」への視点

高カカオチョコレートについては、血圧の低下のみならず食後血糖値の低下や認知症の発症遅延、腸内環境の改善による便秘予防など、健康に寄与するさまざまな効果を期待できることが実験により確認され、大きな関心が寄せられています。

生活習慣病のような慢性疾患の患者では、特に食事や嗜好品の面においてさまざまなかたちで制限が加えられているのが現状で、「あれは食べてはだめ」「これ以上は口にしてはだめ」といったマイナス面だけが強調されがちです。

そのため、制限食を続けているうちに、当事者である患者のみならず指導する側の看護師ら医療スタッフも袋小路に入ってしまったといった経験はないでしょうか。
そんなときに看護師のあなたに是非思い出していただきたいのが、慢性期看護で大切な「できないこと」から「できること」へ視点を移してみるという発想です。

患者の「できないこと」ではなく、「持てる力」「できること」を見ていく発想は、決して新しいことではなくナイチンゲールの時代から重視されてきた。WHOのICFの根幹となっているプラスの側面へ視点を置き換えることを慢性期看護でも……。

「できないこと」だけでなく
「できること」も伝えるかかわりを

たとえば動脈硬化のリスク低減のために制限食を続けているものの、ややギブアップ状態にある患者の場合です。患者の嗜好品が仮にチョコレートであれば、
「普通のチョコレートは勧められませんが、高カカオのチョコレートであれば、動脈硬化を改善する効果が期待できることが研究で確認されていますから食べられると思いますよ。主治医に相談してみましょう」
などと、もちかけることができたらどうでしょう。

チョコレートは世代を問わず人気の高い嗜好品ですから、きっと患者は前向きの気持ちになり、新たな気持ちで食事療法に取り組んでもらえるのではないでしょうか。

その際、ポリフェノールはからだの中に入るとすぐに消化吸収されてしまい、ためておくことができないこと、そのため期待する健康効果をあげるには、継続してコンスタントに摂り続ける必要があることなどをアドバイスしておくこともお忘れなく。