緩和ケア一覧

スポンサーリンク

「似顔絵セラピー」が患者に笑いや癒しを

似顔絵セラピストをご存知ですか。患者をモデルにその人の関心事や生活歴を聞き出し、語り合いながら似顔絵を描き上げていく。そのプロセスが笑いや癒しをもたらし、まさにセラピーになっているのだという。自然治癒力を高める看護に役立ててはいかがだろうか。

「透析終了の意思は明らか」とする見解を公表

今年3月の「透析中止」問題の検証作業を進めていた日本透析医学会が「患者の透析終了の意思は明らか」であり「意思が尊重されてよい事案であった」とするステートメントを発表。一方で、透析終了後の緩和ケアやインフォームドコンセントなどに課題も提示された。