WHO「緊急事態宣言」で看護職に期待すること




アルコール消毒

新型コロナウイルス関連肺炎に
公衆衛生上の緊急事態宣言

WHO(世界保健機関)は1月31日未明(日本時間)、中国の湖北省武漢市を中心に感染が拡大している新型コロナウイルス関連肺炎について、
「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)*」
に相当することを宣言しました。
*PHEIC:Public Health Emergency of International Concern

WHOは先に開催した専門家による緊急委員会(1月22、23日)では、緊急事態にはあたらないと判断し、宣言を見送っていました。

しかしその後の感染状況から、感染が中国以外の国、とりわけ医療体制の整備が遅れている国でも拡大するおそれがあると判断、今般遅まきながら緊急事態宣言を出すに至りました。

委員会後の会見で、WHOのテドロス事務局長は、中国への渡航や貿易を制限する勧告はしないと断言。そのうえで、医療体制の整備が遅れている国を支援すること、ワクチンや治療法、診断方法の開発を促進すること、風評や誤った情報が拡散することへの対策、疫学情報の共有などを行うべきだとしています。

■2月1日より指定感染症に
これを受け日本政府は、2月7日の施行を予定していた「指定感染症」の政令を前倒しして、2月1日に施行することを決定しました。

新型肺炎が「指定感染症」に 感染拡大防止に万全を 中国湖北省武漢市で発生し、世界的規模で感染が拡大している新型…

また、これまで空港や港などで実施してきた検疫や検査など、いわゆる水際対策の更なる強化、中国の武漢市に滞在歴、訪問歴のある人、およびその人と接触した人については、漏れなく健康状態のフォローアップを行う、といった取組みを一層徹底していく方針を明らかにしています。

新型コロナウイルスについては
感染力、病原性など不明点が多い

人に感染を起こすコロナウイルスは6種類あることがわかっています。
そのうち4種類は、発熱や上気道症状を主症状とする、いわゆる風邪の原因ウイルスで、深刻な状態を引き起こすことはほとんどないとされています。

一方、残りの2種類は動物から感染するもので、このコロナウイルスにより2003年には重症急性呼吸器症候群(SARS:サーズ)が、また2014年に中東呼吸器症候群(MARS:マーズ)が、いずれも世界的規模で流行し問題となったことはご承知のことと思います。

今回の新型コロナウイルスについては、その遺伝子構造がSARSを引き起こしたコロナウイルスによく似ている、あるいは感染が拡大していくなかですでに変異を起こし、感染力や病原性が高まっているとする説を、一部のウイルス学者が発表しています。

しかし、現時点ではいずれの説も確かなエビデンスが示されていないのが実情です。
したがって、指摘された点については、その可能性を念頭に置きつつ冷静に感染対策を講じていくことが必要とされます。

医療現場における感染対策は
標準予防策の徹底が基本

コロナウイルスは原則として、飛沫感染により拡がります。
新型コロナウイルスについても、空気感染する可能性はきわめて低いと考えられています。

したがって、医療現場において感染が疑われる患者*に対応する際の感染対策としては、サージカルマスクの装着を含む標準予防策を徹底するとともに、状況に応じて飛沫予防策、接触予防策の徹底も必要とされています。

*新型コロナウイルスによる肺炎が「疑われる」と診断する条件として、国は次の2点の両方を満たすことをあげています。
⑴ 発熱(37.5度以上)かつ咳やのどの痛みなどの呼吸器症状がある
⑵ 上記症状が出る前の2週間以内に、武漢市への渡航歴がある、あるいは「武漢市への渡航歴があり、発熱かつ呼吸器症状のある人」と接している
ただし、武漢市から政府のチャーター機で帰国した人の中には、無症候病原体保有者(症状はないもののウイルス検査で陽性反応が出た)がいたことも判明してしていますから、必ずしも症状が出ない場合もあることを念頭に対応する必要がありそうです。

新型コロナウイルス関連肺炎の院内感染対策については、日本感染症疫学センターと国立国際医療研究センターがまとめた対策指針を、こちらの記事で詳しく紹介しています。

新型コロナウイルス関連肺炎、 日本で初の感染者が確認される 昨年の暮れ以降、中国中部にある武漢市で多発し、死者…

感染対策の基本として
「マスクより手指衛生」の周知を

医療従事者に限らず一般の人々も、感染から我が身を守ろうとそれぞれが対策を講じていて、街にはマスク姿があふれています。

また、擦式アルコール消毒薬のボトルが街のあちこちに設置されていて、人びとがポンプを押して手指の消毒に励んでいます。

しかし、テレビなどに映し出される一般の人びとのマスクの着け方や取り扱い方、さらには手指消毒の様子を見るたびに、「そんな方法では、感染予防につながらない」、「むしろ逆効果で、かえって感染拡大につながってしまうのではないか」と心配になってきます。

とりわけ気になるのは、多くの薬局などでマスクが売り切れになっていることからうかがえるように、「マスクさえつけていれば感染を防くことができる」と誤解しているかのような風潮があることです。

飛沫感染にしても接触感染にしても、感染対策の基本中の基本は手指衛生の徹底です。
看護職の皆さんには、新型コロナウイルスの感染から自分の身を守るには、マスクを着用すること以上にこまめな手洗いが大切であること、手を洗えないときは消毒用のアルコール綿や消毒用アルコールスプレーなどでも代用できることなどを、折に触れて一般の方々に繰り返し伝えていただけたらと思います。

その際には、ウイルスで汚染した手指を介して目や口の粘膜から感染を受ける可能性があることなども伝えながら、厚生労働省が用意している啓発ポスター*¹やリーフレット、あるいは映像なども活用して、正しい手洗いの方法やアルコール消毒薬による手指衛生法を、できるだけ具体的に指導していただけたらと思います。

不織布製サージカルマスクの
正しい着脱・取り扱い法を

なお、コロナウイルスに感染している人が咳やくしゃみをした際に飛び散る細かい水滴、いわゆる「飛沫」には、ウイルスが含まれている可能性があります。

飛沫となって飛び出したウイルスは、その後数時間生き続ける可能性がありますから、その飛沫を他人に浴びせないため(咳エチケット)、また直接浴びないためには、人混みではマスクを着用することも感染対策としては大切です。

その際着用するマスクとしては、
⑴ 布やガーゼ類に比べ目が非常に細かい不織布製のサージカルマスクが適していること
⑵ マスクは、口と鼻がしっかり覆われるように正しく装着すること
⑶ マスク装着中は、飛沫により汚染されている可能性のある表面に直に触れないこと
⑷ マスクを外す時は表面に触れないように紐の部分を持って取り外すこと
⑸ マスクは使い捨てを原則とし、使い回しをしないこと
⑹ マスクを取り扱った後は手洗い、あるいは手指消毒をすること
などを、極力具体的に指導していただけたらと思います。

2月3日に横浜港に到着し、新型コロナウイルスの集団感染が発生したためそのまま停泊している大型クルーズ船の船内に隔離された状態になっている多数の乗客たちが、看護の支援を必要としています。詳しくはこちらの記事を読んでみてください。

新型コロナウイルスによる死者が SARSを超えて908人に 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる…

参考資料*¹:厚生労働省「手洗い」啓発ポスター
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000593494.pdf