人生会議一覧

スポンサーリンク

人生会議(ACP)のポスター騒動後、新たなポスターに関心が集まっています

人生会議(ACP)ポスターの一件以来、人生会議に関するさまざまな発信が続いている。そのなかの訪問診療医が「決めなくてもいいから、いっぱい話をしよう」と呼びかける動画とポスターに多くの共感が寄せられている。人生会議はいろいろあっていいとのメッセージを伝えたい。

「意思決定支援」を始める前に確認したいこと

患者の意思にできるだけ沿った医療を実現し患者の尊厳を守りたいと、「意思決定支援」の取り組みが進んでいる。「人生会議」はその代表だが、「医師にすべておまかせしたい」と話す患者にも、自己決定を促し意思決定支援を行うべきか。難題だか考えておきたい課題では……。

「人生会議」PRポスター騒動で気づいたこと

アドバンス・ケア・プランニング(ACP)については、「人生会議」という愛称をつけて普及を試みたものの、思ったほど認知度は上がっていない。そこで厚労省はPRポスターを作成して一層の啓蒙を図った。が、このポスターの評判は悪く、公表から1日で撤収に……。

ACPの愛称決まる 名付け親は現役看護師

「もしものときのこと」を患者と家族、医療関係者が話し合うアドバンス・ケア・プランニング(ACP)の取り組みを普及させようと、厚生労働省が愛称を公募。選ばれたのは現役看護師による「人生会議」。看護職にも認知度はまだ低いのですが……。