新型コロナウイルスに空気感染の可能性浮上 




コロナウイルス

世界の科学者グループが
WHOに「空気感染」対策求める

新型コロナウイルスの感染経路については、これまでは、接触感染と飛沫感染を主なルートとして、感染予防策がとられてきました。

そのため医療現場では、新型コロナウイルス感染症が確定ないし疑われる患者については、標準予防策に飛沫予防策と接触予防策を追加した感染対策をとってきたわけです。

ところが7月6日、世界32カ国239人の科学者グループが「空気感染」の可能性を指摘する声明を公開書簡の形で発表し、WHO(世界保健機関)や各国の保健当局などに対し、さらに深刻な事態に陥る前にこれまでの対策を見直すよう求めました。

この声明では、新型コロナウイルスは、咳やくしゃみで飛び散る「飛沫」による感染だけでなく、さらに細かい粒子(エアロゾル)となって空気中を飛散し、従来想定されていたよりもはるか遠く、数十m先まで到達して感染する可能性が高いことを示唆しています。

そのうえで、換気の悪い場所や人が密集した場所では、感染リスクがより高まることを踏まえた感染対策の重要性を、改めて指摘しているのです。

空気感染の可能性
WHOが再検証を約束

この指摘にWHOの技術責任者であるベネデッタ・アレグランジ氏は7日の会見で、
「新型コロナウイルスの空気感染(飛沫核感染)の可能性を示す証拠が出始めていることは認識している」と答えています。

そのうえで、「混み合った場所や閉ざされた場所、換気が十分にできていない場所では、空気感染の可能性も除外できないことも認識している」としています。

WHOはこれまで、新型コロナウイルスは飛沫で感染するため、少なくとも1m、できれば2mは人との間に距離をとるといった、いわゆるフィジカルディスタンス(身体的距離)を確保することの重要性を、広く世界にアピールしてきました。

一方で、飛沫は唾液など水分を多く含んでいて比較的重く、遠くまで飛ばないため、空気中を浮遊して、いわゆる空気感染を起こすリスクはないとしてきました。

しかし、科学者グループによる新たな証拠に基づく感染対策見直しの要請に、新型コロナウイルスの感染経路についてこれまでに得られた知見をまとめて再検証し、数週間以内にWHOとしての見解を公表すると回答しています。

「3密回避」と「換気の励行」は
日本ではすでに実施している

ご承知のように、わが国においては、かなり早い時期から、日本感染症学会と日本環境感染学会が、換気の悪い密閉された空間では、会話時に飛び散る唾液(しぶき)に含まれる新型コロナウイルスが、ごく短時間ながら空中に浮遊し、他者に感染する可能性があることを指摘しています。

このウイルスを含むしぶきは、通常の飛沫(直径0.005㎜ほど)よりも水分が少なく微小なため、通常のマスク(市販のサージカルマスク)では防ぐことができないものの、こまめに換気をすることにより感染リスクを下げることができるとされています。

新型コロナウイルス対策として、
⑴ 換気の悪い「密閉空間」
⑵ 多数が集まる「密集場所」
⑶ 間近で会話や発声をする「密接空間」
の3つの条件が揃う場所がクラスター(感染者集団)発生のリスクが高いとして、「3密」を回避すること、および換気の励行が重要とされているのはこのためです。

ただし、この場合のウイルスの空中浮遊はごく短時間に限られることから、長時間にわたってウイルスが浮遊し続ける空気感染は否定されています。

医療現場で実践されている
「エアロゾル感染」対策

一方で、今回科学者グループが指摘している「エアロゾルによる感染リスク」対策としては、たとえば日本環境感染学会の「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド 第3版」*¹のなかで、次のように説明されています。

新型コロナウイルス感染症が確定ないし疑われる患者に対応する際の個人防護具としては、通常は顔(眼・鼻・口)の粘膜を守るために、アイシールド付きサージカルマスク、あるいはサージカルマスクとゴーグル/アイシールド/フェイスガードの組み合わせ、キャップ、長袖ガウン、手袋を装着します。

ただし一時的に大量のエアロゾルが発生しやすい処置*などを行う場合は、サージカルマスクに代えてN95マスク(またはDSマスクなどN95マスクと同等のフィルター性能を有するマスク)、あるいは電動ファン付き呼吸用保護具(PAPR)を装着することを求めています。

同時に、N95マスクについては、装着するたびにユーザーシールチェックを実施して、マスクと顔の隙間から空気の漏れがないことを確認することを奨励しています。

なお、エアロゾルによる感染リスクが高い場合に使用するN95マスク等の呼吸用防護具については、適正な防護効果を期待できない規格外の製品が相当数出回っていることを受け、日本環境感染学会が注意喚起のメッセージを公表しています。

この点については、こちらの記事を参照してください。
→ N95マスク等呼吸用防護具の使用に注意喚起

*一時的に大量のエアロゾルが発生しやすい処置としては、気管挿管、NPPV(非侵襲的陽圧換気マスク装着)、気管切開、心肺蘇生、用手換気、気管支鏡検査、ネブライザー療法、PCR検査のための鼻咽頭ぬぐい液採取などがある。

「新しい生活様式」を
「空気感染」対策として見直すと

新型コロナウイルスが空気感染するのかどうかは、WHOの結論を待つとして、私たちの国では、withコロナ時代の「新しい生活様式」が広く浸透しています。

フィジカルディスタンス(身体的距離)の確保、マスクの着用、こまめな手洗い、こまめな換気、3密の回避など、新しい生活様式として提案されていることを1つひとつ丁寧に励行していれば、仮に「新型コロナウイルスは空気感染する」となっても、新たに行動様式を変える必要はないように思います。

ただ、現時点でちょっと気になるのは、マスクがファッション化して、感染予防という本来の目的が二の次になってしまっている傾向がみられることでしょうか。

また、暑さ対策として「通気性のよさ」をアピールするマスクに人気が集まっているようですが、通気性がいいということはエアロゾルも通りやすいということですから、マスク本来の機能であるフィルターとしての働きは弱くなるのではないでしょうか。

もちろん、「夜の街」といわれる場所での「3密の回避」の難しさも気になるところです。
感染の第2波を防ぐためにも、「新しい生活様式」の徹底を今一度、それぞれのケースに応じて見直し、働きかける必要がありそうです。

参考資料*¹:日本環境感染学会「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド 第3版」