まだ若いのに手元が見えにくい「スマホ老眼」




スマートフォン

目を酷使しすぎて
一時的に「スマホ老眼」に

今やスマートフォン(以下、スマホ)は、私たちの日常生活に欠かせない必需品の一つとしてすっかり定着しています。新機能がどんどん加わり、便利さも増す一方なのですが、使い方によってはかなり深刻な弊害が、個人レベルのみならず社会的にも目立ってきています。

加えて医療や介護の現場においては、このところナースコールシステムを従来のPHS連動からスマホ連動に切り替える施設が増えています。
そのため看護師さんは、プライベートな時間だけでなく勤務中もスマホのディスプレイ(画面)を頻繁に注視して目を酷使しており、巷でよく耳にする「スマホ老眼」を気にしている方も少なくないのではないでしょうか。

幸いなことにスマホ老眼は、高齢者によくみられる老眼とは異なり、その多くが一時的な症状です。見えにくさに早く気づき、目の疲労をやわらげることにより、比較的容易に進行を予防でき、回復も期待できるといわれています。

ということで今日は、ほぼ終日、暇さえあればスマホやタブレット、あるいはパソコン画面とにらめっこするのが習慣になっていて、もはや他人事ではすまなくなっているスマホ老眼について、予防の観点からいくつか情報をまとめてみたいと思います。

手元の画面が見にくくなったら
スマホ老眼を疑って

最近は、病院でも在宅でも患者がコールボタンを押すと、看護師さんや訪問看護師さんが携帯しているスマホが鳴り、その画面にコールしている患者の名前から始まって現在の状態や訴えなどが即座に表示されるというシステムが普及しています。

そのため、終日スマホ画面から解放されることがない状況に置かれ、好むと好まざるとにかかわらず四六時中、目を酷使せざるをえなくなっているのではないでしょうか。
そんなあなたに以下の症状の一つでもあれば、目のピント調節能力が衰えて焦点を合わせにくくなっていると考え、一刻も早くスマホ老眼の予防に取り組むことをおすすめします。

  • ときどき視野がボヤケたりチカチカして、手元のスマホ画面が見にくい
  • レストランなどでメニューの文字が小さくて読みにくくなった
  • 焦点が合いにくく、アイメイクをしにくくなった
  • 細かい字を読んだりすると、目がショボショボして疲れやすい
  • よく肩がこるようになった

疲れ目対策を徹底すれば
スマホ老眼は改善できる

「スマホ老眼」は、正式な診断名ではありません。
ですからはっきりした定義があるわけではありませんが、スマホ画面を近距離で長時間、または頻繁に見過ぎて目を酷使することにより、目のピント調節能力が低下している状態を一般に「スマホ老眼」と呼んでいます。

早い話が、スマホ老眼のメカニズムも症状も、40歳代の後半に入ったころから程度の差はあれ誰もが自覚するようになる「老眼」とまったく同じです。
そのため「えっ、まだ私若いのに、もう老眼なの?」と気落ちしがち……。

しかし、加齢に伴って起きてくる老眼は生理的な老化現象ですから、「手元がボヤケル」といったピンボケ症状には老眼鏡をかけるなどして対応するしかありません。
これに対しスマホ老眼は、そのほとんどが一時的なものです。

この一時的なピンボケ症状は、早めに兆候に気づいて目の疲労回復に努めることでいかようにも改善することができるものです。
とはいえ、疲れ目の改善策を何もとらずに目を酷使し続けていると、ピンボケ症状が重症化していくだけですから、気づいたら早めに手を打つことが大切です。

スマホを正しく使って
目にかかる負担を極力減らす

スマホ老眼の回復には、「スマホを使わない」「スマホ画面を見ない」というのが最善の策であることは言うまでもありません。
とはいえ、今や私たちの生活は、また看護の現場にあっては、スマホなしには1日たりとも立ち行かないような状況になっていますから、せめて以下の点を厳守してスマホを正しく使用し、目にかかる負担を極力減らすようにしていきたいものです。

  • スマホ画面は目から35cm以上離し、目線が下がる角度(10度)を保つ
  • 歩きスマホや電車・バスのなかでの立ちスマホなど、揺られながら画面を追わない
  • スマホ画面を見続けるときは、1時間したら10~15分の休憩をとり、その間は画面から完全に目を離して、長時間継続して画面を見ないようにする
  • 休憩中は、ピント調節力を高める効果を期待できる毛様体筋トレーニングを行う。
    その方法としては「遠くと近くを交互に見つめる」「眼球を左右、上下に交互に動かす」「 ピンホールアイマスクで、目の筋肉の緊張を和らげる」など。
  • 手元が見にくくなったら、躊躇せずに老眼鏡を使う

このうち老眼鏡については、「まだそんな歳ではないから」と使うことに抵抗を感じ、見えづらいからと目を細めて文字を追うなどしていると、見えにくさが悪化するだけですから、早めに老眼鏡を使うことをおすすめします。

なお、目の働きに必要な栄養分の代表格、アントシアニンを豊富に含むブルーベリーや黒豆、黒ごまのような食材を積極に摂ることも大切です。
この点についてはまた別の機会に書いてみたいと思います。