熱中症対策はミネラル入りなたまめ茶で




ミネラル入り健康茶

熱中症シーズンは
「糖質」の摂りすぎにご用心

毎年6月4~10日が「歯と口の健康週間」だということをご存知でしょうか。
厚生労働省、文部科学省、日本歯科医師会、日本学校歯科医会が設定しているものです。

この1週間を歯と口の健康啓発週間と決め、さまざまな関連情報を発信して、広く私たち国民に歯と口のセルフケア強化を呼びかけています。

折しも熱中症のシーズンです。
その予防には、大量の発汗で失われる水分とミネラル(電解質)の補給に、経口補水液 オーエスワン などがすすめられます。

最近では携帯に便利で飲みやすい、ゼリータイプの経口補水液 オーエスワンゼリーパウチ なども売り出されています。

ただ、いずれも少々コスト高です。
また、必ずしも最寄りの自動販売機で入手できるというものでもありません。

そのため、より手頃な値段で簡単に手に入る一般的なスポーツドリンクを好んで飲んでいる看護師さんが多いのではないでしょうか。

■スポーツドリンクの飲み過ぎで「むし歯」に
ところが、熱中症の予防に役立つこのスポーツドリンクも、安心して飲み過ぎていると歯の健康を損なうことが指摘されています。

スポーツドリンクは何種類も市販されています。
その多くに含まれている「糖質(炭水化物)」と「高い酸性度」が原因で、油断していると「齲歯(うし)」、つまり「むし歯」になりやすいというのです。

たとえば500ml入りのペットボトルの場合、1本に30g前後の糖質、つまりブドウ糖、果糖、ショ糖(砂糖)などの炭水化物が含まれています。

その量を角砂糖で換算すると、なんと6~8個分、スティックタイプのシュガーなら8~10本分にも相当します。

また、飲料水のPH値は7.0の中性に近いものが理想とされています。
ちなみに東京都の水道水は水源の汚染状況や浄水状況などにより多少の変動はあるものの、平均7.6前後の中性に保たれているそうです(東京都水道局ホームページによる)。

ところがスポーツドリンクにはPH値が2.5~4.5と酸性度の高いものが多く、水代わりに飲み続けていると酸で歯が溶かされてむし歯になりやすいリスクがあることが指摘されています。

■果糖やショ糖が体内で脂肪に
加えて、カロリーの問題も気になります。
糖質のなかでも特に果汁に含まれる果糖やショ糖、いわゆる砂糖は、体内で脂肪に変わりやすく、肥満につながりやすいことを覚えておきたいものです。

ペットボトルの成分表を見て、糖分のことが書いてないからと油断する方が多いようですが、必ず炭水化物をチェックしてみることをお忘れなく。

熱中症予防の水分には
「なたまめ茶」がおすすめ

そこで熱中症対策としての水分補給におすすめしたいのが、滋養豊かな健康茶としてこのところ静かなブームを呼んでいる「なたまめ茶」です。

なたまめ茶とは、「なたまめ」というマメ科の植物の種子を原料にしたお茶です。

古くから、健康意識の高い人びとが愛飲してきた「なたまめ茶」は、いくつかのメーカーから発売され、簡単に手に入ります。

そんななかで、特におすすめしたいのが「京都やまちや 美撰なたまめ茶」です。
京都産の「なたまめ」に、健康食材として知られる「玄米」「黒豆」「ハブ茶」「桑の葉」がバランスよくミックスブレンドされています。

■ミネラルもポリフェノールも
これらの食材により、熱中症対策に欠かせないカルシウムやマグネシウム、鉄などのミネラル成分に加え、食物繊維も摂ることができます。

さらには黒豆には、目の健康に欠かせない植物性ポリフェノールのアントシアニンもたっぷり含まれていますから、栄養的に質の高い健康茶となっているのです。

京都やまちやの「なたまめ茶」はティーバック個装ですから、茶葉を片づけるなどの手間いらずで持ち運びにも便利。
そのうえお湯でも冷水でもOKですから、家庭ではもちろん職場や外出先などでも手軽に飲むことができ、熱中症予防策としてのドリンクには最適です。

さらには「ノンカフェイン」ですから、就寝前など時間を気にすることなく飲むことができます。もちろん、お子様にも、また高齢者にも安心して飲んでいただけます。

脱水のサインを自覚しにくい
在宅高齢者の熱中症予防を

この時期看護師さんには、ご自身の熱中症予防のセルフケアに加え、脱水症状が進行して熱中症になりやすい高齢者には、特に注意していただきたいものです。

とりわけ在宅ケアに取り組まれている訪問看護師さんには、気密性の高い住宅の、高温・低湿の環境下で長い時間を過ごすことの多い在宅療養中の高齢者は、容易に脱水状態に陥りやすいことを念頭に、十分な配慮をお願いしたいところです。

改めて言及するまでもないでしょうが、高齢者は疾患の有る無しに関係なく、水分を蓄えられる筋肉量が減少するのに伴い体液量が減少してきていますから、脱水症のリスクがより高くなっています。

加えて、脱水症の最大の危険信号である「のどの渇き」を感じるのは脳の視床下部にある口渇中枢ですが、その機能は、加齢とともに低下します。
そのため、自他ともに脱水症状に気づきにくくなっているのです。

東京消防庁の統計資料を見ると、熱中症で救急搬送した人の約半数(49.6%)が65歳以上の高齢者であり、その発生場所は59.8%が自宅等居住場所となっています*¹

この情報を参考に、訪問看護師さんには、個別性のある在宅高齢者の熱中症予防に対する取り組みを改めてお願いしたいところです。

夜中のトイレを気にして水を控える

たとえば、「水分をたくさん飲むようにといわれても、夜中に何度もトイレに行くのがいやだから水は控えている」という高齢者の声を多く聞きます。

このような声には、常温のものならトイレもそれほど近くならないこと、一度にたくさん飲むのではなく、少量ずつをこまめに飲むようにするといいこと、等々……、説得力のある具体策を伝えていただきたいものです。

その際には、ただの水ではなく汗で失われがちなミネラルもいっしょに摂ることの大切さを伝えることになるわけですが、どうしても冒頭で紹介したような経口補水液のアイテムをすすめがちではないでしょうか。

しかし、若いころからお茶の生活になじんできた高齢の方々には、むしろ先に紹介したなたまめ茶」のほうが、抵抗なく飲んでもらえるのではないでしょうか。

また、高齢者は食が細くなりがちですから、ただ「水分を」と促すのではなく、8割前後が水分の果物をいつも以上に意識して摂ることをすすめてみるのもいいでしょう。

からだの内側からの予防策のみならず、クーラーや扇風機の上手な使い方や加湿器を使って室内の乾燥を防ぐなど、からだの外側からの熱中症対策を指導することも忘れないようにしたいものです。

参考資料*¹:東京消防庁ホームページ「熱中症に注意」)