マスクの外し方と外したマスクの扱い方総点検




マスクを外す

マスクを一時的に外して
感染予防と熱中症予防の両立を

新型コロナウイルスの飛沫による拡散防止にマスクを着用する、いわゆる「咳エチケット」と呼ばれる衛生習慣は、国内はもとより、これまでマスクを着用する習慣がほとんどなかった欧米諸国でも、すっかり定着しているようです。

ところがここにきて厚生労働省と環境省は、この夏の熱中症を防ぐため、
「屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合にはマスクを外す」
ことをすすめています。

マスクを着用したままでは、ウォーキング程度の軽い運動でも、呼吸数や心拍数が1割ほど増え、顔面温度も1.7℃上昇したとの報告もあるとのこと。
マスク着用が熱中症になるリスクを高めることは確かなようです。

ソーシャルディスタンスの確保を条件に

そこで、いわゆるソーシャルディスタンス*を確保できている状況下で、マスクを外す人が増えているのですが、その際のマスクの外し方、そして外したマスクの取り扱い方を見ていると、
「マスクがむしろ感染源になってしまうのでは……」と心配になってきます。

訪問看護師さんはもちろんですが、退院前訪問などで病院の看護師さんも、訪問先までの途上、熱中症予防のために一時的にマスクを外すこともあろうかと思います。

そこで今回は、「正しいマスクの外し方」と、再使用する際の「外したマスクの正しい取り扱い方」を再確認しておきたいと思います。

*ソーシャルディスタンス(social distance)について、WHOは、最近になり「フィジカルディスタンス(physical distance」という表現に言い換えている。日本語で言えば「社会的距離」から「物理的距離」あるいは「身体的距離」となる。
この変更にWHOが意図するところは、「人と疎遠になれと言うことではなく、人と人との距離は引き続き維持してほしいが、感染予防のためには物理的(身体的)な距離は確保してほしい」といったところにあるようだ。

マスクの表面(外側)部分に
ウイルスが付着している可能性も

新型コロナウイルスの感染者が咳やくしゃみをした際に周囲に飛び散る細かい水滴、いわゆる「飛沫」には、このウイルスが含まれている可能性があります。

マスクを着用しているときは、マスクの表面(外側)部分にこの飛沫が付着している可能性を考え、素手で表面部分に触れないようにしていることと思います。

マスクを取り外すときもまったく同じです。

短時間であっても着用していたマスクの表面部分には、新型コロナウイルスを含む飛沫が付着している可能性が捨てきれず、そのウイルスが自分の手を介して鼻や口から入り込み、感染するリスクもゼロとは言い切れません。

ですから、マスクを外すときも、表面部分に極力素手で触れないように、ひもの部分を持ってマスクを下に下げ、耳から外すときもひもを持って取り外すのが衛生的です。

一度外したマスクを
そのまま再度着用する

使い捨てマスクは、本来なら一度外したら再使用せずにそのまま捨てるのが理想です。
しかし、新型コロナウイルスのいわゆるパンデミック(世界的な流行)と言われる驚異的な感染拡大により、マスクは未だに深刻な品不足の状況にあります。

そこで、マスクは1日1枚で交換し、連日使用し続けないことを条件に、感染予防と熱中症予防を両立させるための対策の1つとして、厚生労働省と環境省が「屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合にはマスクを外す」ことを推奨しているわけです。

すでにいくつかの企業が、「一時的にマスクを外す」取組みを始めています。

たとえば日本郵便では、配達員が車両で移動しているときや屋外にいる場合などは、周りの人との距離に注意したうえでマスクを外すことを、メディアを通じて告知しています。

ヤマト運輸や佐川急便などの宅配各社も、また一部の引っ越し業者も、搬送中などは、周囲との距離が十分確保できていればマスクを外す場合があることに理解を求めています。

実際、荷物を配達し終えて自転車に乗る際に、着用していたマスクを外し、次の配達先に到着するとおもむろにマスクを取り出して着用する、といった映像をしばしば目にするようになりました。
この映像を見ていて、「これはまずい!!」と思いました。

感染予防のためのマスクが
感染源になるリスクも

熱中症予防のために配達員や宅配の方々などが、屋外で一時的にマスクを外すこと自体は、ソーシャルディスタンスの確保さえできていればやむを得ないだろうと思います。

ただ、外したマスクを上着の胸ポケットにそのまま入れる映像を目にしたときは、
「それではマスクが感染リスクを高めてしまう!!」と思わず叫んでしまいました。

おそらく今回の取組みを始めるに際し、会社側から何らかの指導があったのでしょう。
彼らは、マスクの表部分に素手で触れないようにしながら、ひもの部分を持ってマスクを取り外し、口が接する部分を内側にして二つ折りにしていました。

一時的でも専用のケースなどに保管する

この段階まではOKですが、その後が納得できません。
二つ折りにしたマスクをそのまま胸ポケットに入れてしまうと、マスク表面に付着しているかもしれないウイルスが、思わぬところに再付着してしまう可能性があります。

仮に、短い時間であっても、外したマスクを再使用に備えて収納するときは、抗菌マスクケース のような専用のケースに保管して、付着しているかもしれないウイルスを、周囲にまき散らさないように注意する必要があるのではないでしょうか。

マスク専用の収納ケースが手に入らないないときは、ジップロック フリーザーバッグ のようなファスナー付きの密閉できるビニール袋でもいいと思います。

「顎マスク」は一時的に外す際にやりがちだが

それと、ウイルスはどこに付着しているかわかりませんから、マスクを取り扱うときはキレイキレイ 薬用 ハンドジェル 携帯用 などを使って、手指消毒をしておくことが必須要件です。

それと、一時的にマスクを外すときにやりがちな顎マスク。

一時期、都道府県の首長さんが「本日の新規感染者数は……」などと記者会見をする際によく見かけましたが、見栄えの悪さだけではありません。

一度顎にかけたマスクをずり上げて鼻と口を覆う際に、顎や顔に付着していたウイルスを鼻や口から押し込んでしまうリスクがありますから、絶対に避けてほしいものです。