フェイスシールド・マウスシールドを過信しない




フェイスシールド

フェイスシールド単独で
感染予防になるのだろうか

医療現場では、新型コロナウイルス感染症の患者が確認される以前から、フェイスシールドは、病原体を含む血液や飛沫から医療従事者の顔(目、鼻、口)の粘膜を守るうえで欠かせない個人防護具として、久しく使われています。

とりわけ新型コロナウイルス感染症対策では、診断が確定、ないし疑われる患者に大量のエアロゾルが一時的に発生しやすい処置*を行う際には、フェイスシールドやアイシールド、あるいはコーグルをN95マスクと併用して使うことを、日本環境感染学会の「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド」*¹は求めています。

このフェイスシールド、あるいはフェイスシールドよりかなり小さなサイズの、口元と鼻先だけをかろうじて覆っているマウスシールドを、最近は街中で、一般の人が着用しているのをよく目にするようになりました。

しかもその多くは、マスクと併用することなく、フェイスシールドだけ、あるいはマウスシールドだけをもって感染対策としているのです。

息苦しさや蒸し暑さは軽減するが

マスクに比べれば、フェイスシールドもマウスシールドも息苦しくないでしょうし、蒸し暑さもかなり和らぐとは思います。

そのうえシールドを介して口元の動きもそのまま見えますから、表情が相手に伝わりやすいというメリットもあります。

その点が買われ、ホテルやレストラン、デパート等で働く接客業の人たち、また表情を隠したくない保育士なども好んで着用しているようです。

しかし、肝心のコロナ対策になっているのだろうかと、とても気になっていました。

*一時的に大量のエアロゾルが発生しやすい処置としては、気管挿管、NPPV(非侵襲的陽圧換気マスク装置)、気管切開、心肺蘇生、用手換気、気管支鏡検査、ネブライザー療法、PCR検査のための鼻咽頭ぬぐい液採取、などがある。

フェイスシールドは
不織布マスク代わりにはならない

この疑問に、神戸市の健康局が、
「フェイスシールドやマスクシールドではコロナ対策が不十分」
「感染予防策としてフェイスシールドはマスクの代わりにはならない」
として、日常生活でマスク着用の徹底を呼び掛けていることが報じられています*²。

このように断言するのには、確かな根拠あってのことです。

世界最高の計算速度と高性能の解析能力を誇るスーパーコンピューター、通称スパコン「富岳(ふがく)」を使った研究で、フェイスシールドは不織布マスクの代わりにはならないことが確認されているのです。

飛沫飛散のシミュレーション実験を実施

この研究を実施したのは、理化学研究所や神戸大学などの研究チーム(代表:坪倉誠・理化学研究所計算科学研究センター チームリーダー/神戸大学大学院システム情報学研究所 教授)です。

同研究チームは、スパコン「富岳」を使い、新型コロナウイルス感染症のより効果的な感染対策を探るため飛沫飛散シミュレーション実験を行っています。

先に、院内感染の拡大要因となりがちな職員用休憩室の換気効果をあげる方法を紹介しましたが、この方法もこのシミュレーション実験の結果から編み出されたものです。

フェイスシールド単独では
飛沫の約半分が漏れる

フェイスシールドに関する実験では、不織布マスクを着けた場合(隙間なし)と、フェイスシールドだけを着けた場合(鼻まで覆われている)のそれぞれについて、くしゃみや咳、発話等で発生する飛沫がどう拡散するかをシミュレーションしています*³。

その結果、不織布マスクを着用した場合では、5マイクロメートル(㎛)以下のエアロゾルは約3割漏れたものの、50マイクロメートル以上の大きな飛沫は、ほぼ補足することができました*。

一方、フェイスシールドでは、エアロゾルはほぼ100%が漏れ、50マイクロメートル以上の飛沫でも約半分が漏れることが確認されているのです。

このことから、フェイスシールドやマウスシールド単独では、コロナ対策としては不十分で、フェイスシールドを着用する際にも、マスクを着用するよう奨励されているのです。

*エアロゾルと飛沫の違い
エアロゾルとは、空気中を漂う液状もしくは固形の微粒子のこと。
明確な定義はないが、一般に、粒子径が5㎛以下の小さな微粒子をエアロゾル、5㎛以上の比較的大きな微粒子を飛沫と呼んでいる。
エアロゾルは水分量が少なく軽いため滞空時間が長く、気流に乗って遠くまで拡散するが、飛沫は水分量が多く、重いため、遠くに飛ばずに地面に落ちやすい。

フェイスシールドはあくまで
マスクの補助的なものと認識を

医療従事者は、医療現場における感染対策としてフェイスシールドを単独で着用することはまずないと考えていいでしょう。

しかし、医療現場から外に出てからも、現在のようなコロナ対策の徹底が求められている状況にあっては、マスクなしでフェイスシールドを着用するようなことは避けたいものです。

実際、9月の参議院予算委員会でこの問題について質問を受けた尾身茂氏(新型コロナウイルス感染症対策分科会会長)は、次のように答弁しています。

「フェイスシールドには、相手の飛沫が自分の顔などに直接付着するのを防ぐ効果は期待できる。しかし、マスクと違い、他の人の飛沫を吸い込むことを完全に防ぐことはできないし、自分の飛沫の拡散を防ぐ効果もマスクほどは期待できない。フェイスシールドはあくまでもマスクの補助的なものと認識し、使用してほしい」

参考資料*¹:「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド 第3版」
参考資料*²:神戸新聞NEXT2020/9/3
参考資料*³:室内環境におけるウイルス飛沫感染の予測とその対策