唾液によるPCR検査を開始 検査体制拡充へ




水滴

症状発症から9日以内なら
唾液によるPCR検査が可能に

新型コロナウイルスに「今感染しているかどうか」を調べるPCR検査について、加藤 勝信厚生労働大臣は6月2日の会見で、従来の方法に比べ検体採取が簡単で、しかもより迅速に検査結果が得られる「唾液を検体として用いる検査方法」を導入することを表明しました。

導入に際し、唾液を検体とするPCR検査キットを薬事承認するとともに、公的医療保険の適用、および国立感染症研究所のPCR検査に関するマニュアルも改訂を終えています。

ただ、PCR検査のすべてが唾液による方法にとって代わるというわけではありません。
対象者はあくまで、
「発熱などの症状発症から9日以内の者に限る」となっています。

検体を採取される側も採取する側も負担は大幅に軽減

このように、唾液によるPCR検査は対象者が限定されますが、従来行われてきた長めの綿棒を被験者(患者)の鼻腔奥深くに差し込んで採取する「鼻咽頭ぬぐい液」、あるいは「喀痰」を検体として用いる方法に比べれば痛みもなく、被験者の負担もかなり軽くなります。

同時に、検体となる唾液は、被験者が自分で容器に出すだけで済みますから、検体採取時に被験者にくしゃみや咳が誘発されるということもなくなります。

そのため、検体を採取する医師ら医療従事者にとっても感染を受けるリスクが低減し、感染防止のための防護具は手袋とサージカルマスクだけでよく、フェイスシールドや長袖ガウンを着用する必要もなくなります。

また、検体採取する場所についても、感染対策としての環境整備面での負担も大幅に軽減されることから、PCR検査の拡充につながることが期待されます。

唾液を用いたPCR検査結果を
鼻咽頭ぬぐい液による結果と比較

PCR検査は、検査するために採取した検体にある程度のウイルス量があれば、ほぼ正確に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を診断できるとされています。

しかし、その精度は、検体を採取する方法や採取場所、および採取するタイミング、つまり感染してからの経過日数などによって大きく変わってくることがわかっています。

新型コロナウイルスに感染していても、検体を採取した鼻やのどなどにウイルスがいない、もしくはいても非常に少ない場合は、PCR検査が陰性になることもあるわけです。

唾液をPCR検査の検体として使用できるかどうかについては、厚生労働省の研究斑(代表:加藤康幸・国際医療福祉大学成田病院 教授)が行った研究*で、
「症状発症から9日以内の症例では、唾液を検体としたPCR検査について、従来の鼻咽頭ぬぐい液を検体とした検査と高い一致率(75-100%)が認められた」ことが報告されています。

この結果を受け、厚生労働省は、9日以内であれば精度に問題はないと判断。
「症状発症から9日以内の患者では、唾液を検体とするPCR検査を可能とする」
ことを決定しています。

*研究班は、COVID-19と診断され自衛隊中央病院に入院した患者の凍結唾液検体(発症後14日以内に採取された88症例)を用いてPCR法などを行い、鼻咽頭ぬぐい液を用いたPCR検査結果との一致率を検証した。

口腔内にためた唾液1~2㎖を滅菌容器に出すだけ

厚生労働省の決定を受けて6月2日に更新された国立感染症研究所の「2019-nCov(新型コロナウイルス)感染を疑う患者の検体採取・輸送マニュアル」*¹によれば、唾液を用いるPCR検査では、患者に1~2㎖の唾液を滅菌容器に自己採取してもらうだけでOKです。

この際の注意点は、検査結果の精度を高めるためにも、検体を採取する直前に飲食や歯磨きなどのオーラルケアをしないこと。

また、唾液を採取するときは、いきなり唾液を吐き出すのではなく、5~10分間ほどかけて唾液を口腔内にためてから容器に出すようにするのがいいようです。

前記のように、唾液採取の際に医師ら医療従事者に必要な感染対策としては、サージカルマスクと手袋の装着で、ガウン等は必要ありません。

無症状だが感染が疑われる場合は
鼻咽頭ぬぐい液によるPCR検査を

一方で、症状がないもののCOVID-19の確定患者との濃厚接触(発症2日前以降、患者と15分以上接触している、1m以内の距離で対面にて会話をしているなど)により感染が疑われケースについては、唾液を用いたPCR検査の有効性が確認されていないため、従来の鼻咽頭ぬぐい液によるPCR検査が必要となります。

また、発熱や倦怠感、あるいは嗅覚や味覚異常といった症状を初めて自覚してから10日目以降の唾液については、ウイルス量が低下することが確認されています。
したがってこのようなケースも、従来の方法で採取した鼻咽頭ぬぐい液を検体としてPCR検査を行うことになります。

唾液を用いたPCR検査は、一般の有症状者、つまり発熱などの新型コロナウイルス感染が疑われる症状発症から9日以内の方の場合は、「帰国者・接触者外来」を設置している医療機関等で、医師が必要と判断した場合に行われます。

一方で、唾液によるPCR検査の対象者に該当する入院中、あるいは療養中の患者や医療従事者等病院関係者の場合は、病院や診療所が検体採取場所となります。

簡易キットによる「抗原検査」と
唾液によるPCR検査の組み合わせ

なお、5月15日に厚生労働省から薬事承認された簡易検査キットによる新型コロナウイルスの「抗原検査」には、PCR検査と比べ短時間(通常15分程度)で、しかも検査機関に検体を輸送することなくその場で感染の有無を判定できるメリットがあります。

ただし、PCR検査に比べ抗原検査は精度、つまりウイルスを検出する感度の低さがネックとされ、特にウイルス量の少ない濃厚接触者の場合は、ウイルスに感染していても陽性と判定されずに陰性(偽陰性)と出てしまうリスクがあります。

その結果として、ウイルス感染者が検査をすり抜け、感染拡大につながるような事態を防ぐため、厚生労働省は、簡易式抗原検査で陰性の結果が出た場合は、確定診断のためPCR法による再検査を行う方針を打ち出しています。

この場合のPCR検査に唾液を用いた方法を使うか、従来の鼻咽頭ぬぐい液による方法にするか、その適切な組み合わせについては、現在厚生労働省で検討作業が進められているそうです。

なお、新型コロナウイルスの検査方法に関する詳細は、こちらの記事を参照してください。
→ 新型コロナの抗原検査、PCR検査、抗体検査

参考資料*¹:国立感染症研究所「2019-nCov(新型コロナウイルス)感染を疑う患者の検体採取・輸送マニュアル」
参考資料*²:厚生労働省「唾液を用いたPCR検査の導入について」