専門家による市民向け新型コロナウイルス感染症「感染予防ハンドブック」を患者指導に活用を




タブレット

感染拡大阻止の正念場を
市民とともに乗り切るために

感染症対策の専門家で、NHKなどの解説でお馴染みの東北医科薬科大学の賀来満夫(かく みつお)特任教授(医学部感染症学教室)監修のもと、新型コロナウイルス感染症の予防について市民向けにまとめられたハンドブックが、ネット上に公開されているのをご存知でしょうか。

新型コロナウイルス感染症対策については、医学的見地から適宜政府に助言を行っている新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が、2月24日、
「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針の具体化に向けた見解」*¹
をまとめ、公表しています。

その冒頭で本会議は、国内におけるこの感染症の現況を、
「我々は、現在、感染の完全な防御が極めて難しいウイルスと闘っています」として、
「このウイルスの特徴上、一人ひとりの感染を完全に防止することは不可能」ではあるが、
「感染の拡大のスピードを抑制することは可能と考えられる」と説明しています。

そのうえで、この現状のもとに感染拡大のスピードに歯止めをかけるとともに、重症者の発生と死亡者の数を可能な限り減らしていくためには、
「ここ1~2週間の動向が、国内で急速に感染が拡大するかどうかの瀬戸際」であるとして、
国民一人ひとりが感染予防に取り組むことの重要性を強くアピールしています。

タイミングよく作成、公開された本ハンドブックを、一般市民を対象にした健康教室や訪問看護先で、あるいは医療機関での患者指導に活用しない手はないでしょう。
そこで今回は、本ハンドブックの特徴的な部分を中心に紹介したいと思います。

患者自らが敵の特徴を理解し
日々の生活を安心・安全に

「新型コロナウイルス感染症 市民向け感染予防ハンドブック」
と題するこのハンドブックは、A4版、全20ページのPDFデータに収められていて、東北医科薬科大学病院のWEBサイト上で誰でも閲覧できるようになっています(PDFをダウンロードできない人のために動画も同時に用意)*²。

新型コロナウイルスと、このウイルスによる新興感染症をむやみに恐れることなく向き合うためには、いわば「敵」である新しいウイルスと、それによる病気の特徴を、現時点で解明されている範囲で正しく理解することが大切です。

本ハンドブックは、その理解のもとに落ち着いて感染予防に取り組むことにより、すべての市民がこのウイルスの存在を意識しつつ安心かつ安全に日々の生活を送ることができるようにとの意図のもと、家庭内における対策も含め、以下の構成で平易にまとめられています。

■新型コロナウイルスとは?
■新型コロナウイルス感染症(covid-19)が発生している国や地域は?
■新型コロナウイルス感染症(covid-19)にかかると、どのような症状が出ますか?
■どうやって感染するの?――飛沫感染、接触感染、濃厚接触
■(発熱・咳などの)気になる症状があるときに、気をつけることは?
■感染伝播防止の徹底(感染症にかからない、うつさないために)
対策1.咳エチケットを守りましょう!
対策2.手洗いをしましょう!
対策3.環境消毒・換気
■感染予防に関するQ&A

新型ウイルスの長い生存期間
生活環境の消毒・換気も

新型コロナウイルスの感染予防については、メディアなどが日々繰り返し伝えています。
そこで取り上げている対策は、マスクや手洗いの話、あるいは閉鎖空間では、対面(直接向き合った状態)で至近距離(腕を伸ばして届く距離が目安)での会話をしないなど、公共の場における対策に集中しているように思います。

その点本ハンドブックでは、家庭というごく身近な生活環境において日々重視すべき感染予防策を具体的に紹介しているのが特徴です。
その1点が、「対策3.環境消毒・換気」としてまとめられている項目です。

咳やくしゃみが出そうになると、思わず自分の手で鼻や口を覆うといったことは、誰もが日常的によく経験することです。
このとき、仮にその人が新型コロナウイルスに感染していれば、咳やくしゃみと共に周囲に飛び散った飛沫に含まれているコロナウイルスは、その人の手に付着します。

このウイルスが付着した手で手すりやドアノブ、スイッチ、テーブルなどに触れ、その手すりやドアノブなどに他の人が触れて、そのまま鼻や口、目を触れると、粘膜を介してウイルスが体内に侵入し、感染するリスクがあります。いわゆる接触感染です。

この手すりなどについた新型コロナウイルスの生存期間については、いくつか説が報告されています。たとえばCDC(米国疾病対策センター)は、2月27日、銅や鉄などの表面では2時間程度だが、段ボールやプラスチックなどの表面ではさらに長時間、感染力を持った状態で生存し続けることを報告しています。

その感染力の強さには驚かされます。
この場合の感染予防策として本ハンドブックは、
「1日1~2回、ドアノブやテーブル、手すり、スイッチなど、手のよく触れるところを、薄めた漂白剤(0.02%次亜塩素酸ナトリウム水溶液)*または、アルコールを含んだティッシュで吹きましょう」と、消毒の徹底を促しています。
*例えば次亜塩素酸 ジアニスト がある。

加えて、部屋の十分な換気を行うことも大切で、「日中は2~3時間ごとに窓や扉を開けるなどして部屋の空気を新鮮に保ちましょう」と促しています。

自宅療養する際の
家庭内での感染対策Q&A

新型コロナウイルス感染症対策については、2月25日政府が基本方針を打ち出していることは先の記事で紹介しました。

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議は24日「感染拡大阻止はこの1、2週間が瀬戸際」との見解をまとめた。これを受け政府の対策本部は25日、国内での健康被害を最小限に抑える対策をまとめ公表した。重症者対策充実のため、一般医療機関も対応が求められることに……。

そのなかで政府は、国内の感染が急速に拡大しかねない状況にあることを踏まえ、患者数が大幅に増えることを想定し、その際に重症者が的確な医療を受けられるよう医療提供体制を整備する方針であることを明言しています。

そのための対策の一つとして、
「(新型コロナウイルスへの感染が疑われる)風邪症状が軽度である場合は、自宅での安静・療養を原則とし、状態が変化した場合に(強いだるさや息苦しさなどの症状が現れる)、相談センター、またはかかりつけ医に電話で相談したうえで、指示があれば受診する」
ことをあげています。

ここに書かれている「自宅での安静・療養」しているケースにおける感染予防策については、現時点では、あまり情報がありません。

しかし、本ハンドブックでは「感染予防に関するQ&A」のコーナーで、以下の観点から詳細かつ具体的に解説していますから、自宅療養となった場合には、本人はもちろんのこと家族などの同居者も、手元にあれば心強いはずです。
■感染した(または感染が疑われる)家族を看病する場合に気をつけること
■感染の可能性のある人と食事をするときに気をつけること
■感染の可能性のある人の衣類・寝具はどうすればいいか
■感染の可能性のある人と共有するトイレに関して気をつけること
■感染の可能性のある人や感染した人の唾液や喀痰を拭うのに使用したティッシュなどを、ごみとして処理するときに気をつけること
■感染の可能性のある人が療養している部屋の掃除はどうすればいいか

まずは一度目を通してみることをおすすめします。

参考資料*¹:「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針の具体化に向けた見解」
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000599431.pdf

参考資料*²:「新型コロナウイルス感染症 市民向け感染予防ハンドブック」http://www.hosp.tohoku-mpu.ac.jp/info/information/2326/