「次亜塩素酸ナトリウム溶液」と「次亜塩素酸水」




拭き掃除

環境表面の消毒に推奨される
「次亜塩素酸ナトリウム溶液」

新型コロナウイルスの感染対策、とりわけ感染者が接触した器材など物の表面の消毒の切り札とも言える「次亜塩素酸ナトリウム溶液」をめぐり、混乱が起きています。

ことの発端は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、家庭や職場におけるアルコール以外の消毒方法の選択肢を増やすため、消毒方法の有効性について評価試験を実施している製品評価技術基盤機構(通称「NITE:ナイト」)が5月29日に行ったある発表でした。

NITEと言えば、先日、台所洗剤などに含まれる複数の界面活性剤に、新型コロナウイルスを不活化させる消毒効果があることが確認できたとして、有効性が確認された界面活性剤が使われている家庭用洗剤のリストを公開し、注目を集めたばかりです。

「次亜塩素酸水」有効性確認無し
のメディア報道で混乱に

その後NITEは、経済産業省の要請に応じ、界面活性剤に続いて「次亜塩素酸水」の新型コロナウイルスに対する消毒の有効性について評価試験を行っています。

この評価試験を続けるなかで、「次亜塩素酸水」として一般に市販されている製品の一部については消毒効果を確認できたものの、新型コロナウイルスを不活化させる(殺菌)効果を確認できないものも出てきたようです。

そこでNITEは、急遽、中間報告として、
「次亜塩素酸水については、現時点において大きく有効性は確認できなかったが、引き続き検証実験を実施する」ことを公式に発表しました。

ところがこれを、一部のメディアが「次亜塩素酸水に有効性の確認なし」と、あたかも最終結論が出たかのように伝えたことが、混乱を生んでしまいました。

混乱の一例として、「次亜塩素酸水」を「次亜塩素酸ナトリウム溶液」と取り違え、「だったら、ドアノブなどは何で消毒したらいいの」といった疑問の声が出てきたのです。

あるいは、空間除菌ができるとのキャッチコピーを信じて次亜塩素酸水を加湿器などに入れて噴霧していた人たちが「だったら何で除菌すればいいの?」と慌てだしたのです。

環境表面の清拭消毒に
次亜塩素酸ナトリウム溶液

こうした状況を解決するには、馴染みのある「次亜塩素酸ナトリウム溶液」と、今回話題になっている「次亜塩素酸水」は全く別のものだということを確認しておく必要があります。

前者の「次亜塩素酸ナトリウム溶液」は、おそらくどこの家庭にもある塩素系漂白剤(ハイターなど)の主成分として用いられるアルカリ性溶液です。

新型コロナウイルスの感染拡大が問題となり始めた当初から、消毒用アルコールとともに、新型コロナウイルスに対する物や環境の表面の消毒に使われています。

たとえば日本環境感染学会が5月7日に発表している「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド(第3版)」では、「環境消毒」の項で次のように説明しています*¹。

新型コロナウイルス感染症が確定または疑われる患者の周辺の高頻度接触環境表面や、患者の皮膚に直接接触した器材(血圧計や体温計)は、アルコール(濃度60%以上)や次亜塩素酸ナトリウム溶液(濃度0.1%~0.5%)を用いて清拭消毒します。患者の皮膚と直接接触する器材への使用は最小限にとどめましょう。
消毒薬の噴霧は行いません。また、床や壁などを含む大掛かりかつ広範囲の消毒は不要です。

(引用元:医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド 第3版*¹ p.7)

厚労省の定義から外れる
「次亜塩素酸水」が市中に

一方の「次亜塩素酸水」は、電気分解などの手法で作られる酸性の液体で、生成方法が食品衛生法で規定されている食品添加物の一種です。

殺菌料として食品の製造過程に添加されるものの、最終食品の完成前、つまり人の口に入る段階の食品には残留していないこと、と規定されています。

厚生労働省は、その殺菌効果と安全性が確かな次亜塩素酸水を、
「塩酸または塩化ナトリウム水溶液を電気分解することにより得られる次亜塩素酸を主成分とする水溶液」と定義しています。

ところが、新型コロナウイルスの感染拡大により消毒薬の需要が高まるにつれ、市中には、上記の生成方法とは異なる作り方をしているものの「次亜塩素酸水」、あるいは「次亜塩素酸水溶液」として販売されている製品が数多く出回っています。

次亜塩素酸ナトリウム溶液を希釈しただけの次亜塩素酸水も

とりわけ多く目につくのは、次亜塩素酸ナトリウム水溶液を希釈しただけで「次亜塩素酸水」として販売している製品です。

あるいは、塩酸やクエン酸といった酸性の溶液を混ぜ合わせることによって酸性度(pH)を調整した水溶液を、「次亜塩素酸水」として販売しているものも多いようです。

塩酸もクエン酸も、次亜塩素酸ナトリウム同様、食品添加物です。
したがって個別に販売することには何ら問題ありません。

しかし、両者をあらかじめ混合した水溶液を販売することについては、時間の経過とともに水溶液のなかで化学反応が生じ、有害物質が生成される可能性がゼロではないリスクを伴うことから、厚生労働省は認めていません。

早い話が、生成方法や成分が規定外の次亜塩素酸水でありながら、「次亜塩素酸水」として販売されている製品が少なくないということです。

正しい方法で生成された安全な次亜塩素酸水を入手するには、製品に必ず記載されている成分表や生成方法、および使用期限をチェックする習慣を身につけることです。

消毒剤の空間噴霧
特に人体への噴霧は行わない

次亜塩素酸ナトリウム溶液や次亜塩素酸水に関してはもう1点、「空間噴霧」の問題があります。

先の日本環境感染学会のガイドラインにあるように、次亜塩素酸ナトリウム溶液を新型コロナウイルスの消毒剤として使用する際は、清拭消毒、つまり溶液を含ませたペーパータオルなどで拭いて消毒することはOKですが、噴霧することはすすめていません。

この点についてはWHO(世界保健機関)も、
「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)については、噴霧や燻蒸(いぶすこと)による環境表面への消毒剤の日常的な使用は推奨されない」としています。

その理由については、次のように説明しています*²。
「消毒剤を人体に噴霧することは、いかなる状況であっても推奨されない。これは、肉体的にも精神的にも有害である可能性があり、感染者の飛沫や接触によるウイルス感染力を低下させることにはならない。さらに、塩素や他の有害化学物質を人体に噴霧すると、目や皮膚への刺激、吸入による気管支痙攣、吐き気や嘔吐などの消化器系への影響が生じる可能性がある」

くれぐれも間違った使い方だけは避けるように。
また、製品のキャッチコピーに惑わされないように!!

「次亜塩素酸水」をうたった各種製品の新型コロナウイルスに対する消毒効果に係る検証作業は、現在NITEにおいて鋭意進められています。

程なく、界面活性剤のような詳細な結果が公表されるとは思いますが、最終結論が伝えられるまでは、製品の選択は念には念を入れ、慎重に行いたいものです。

参考資料*¹:医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド 第3版
参考資料*²:「次亜塩素酸水」の空間噴霧について(ファクトシート)2020年5月29日現在