看護師の健康一覧

スポンサーリンク

看護師と緩和ケアとしてのセデーション(鎮静)

あらゆる緩和ケアを行っても患者の苦痛を緩和できないことがある。そんなときに緩和ケアの最終手段として行われる「セデーション」は、深い鎮静により患者とのコミュニケーションが困難になり、そのまま死へと向かうことも多い。それだけに看護は難しく……。

看護師の寝坊・遅刻を防ぐおすすめ対策

寝坊や遅刻は職業に関係なく、特にひとり暮らしの新人には深刻な問題だろう。とりわけ看護師は、交代制勤務による生活リズムの乱れにより体内時計が狂いがちで、「つい寝すぎた」「二度寝をしてしまった」といったことになりがち。その防止策をまとめてみた。

乾燥から「肌」と「喉」を守りうるおいを

秋乾きの10月、喉や肌の乾燥が気になるシーズンだ。特に睡眠中の喉の乾燥対策は、自らの健康はもとより、医療現場に働く看護師には院内感染予防の観点からも欠かせない。喉の乾燥対策として潤いをもたらすマスクを、また肌にはペーパー加湿器を紹介する。

厚労省推奨「腰に負担の少ない働き方」実践を

社会の高齢化に伴い医療・福祉領域のスタッフに腰痛発生率が高まってきていることを受け、厚生労働省は「職場における腰痛予防対策指針」を改訂した。そこに加えられた「腰への負担の少ないケア方法」と静的ストレッチングによる腰痛予防体操を紹介する。

慢性腰痛にインナーマッスルのトレーニングを

看護師に多い慢性腰痛には、安静よりも運動がいいことは今や腰痛治療の常識である。急性期を過ぎた運動療法として、脊柱をささえているインナーマッスルを鍛えて腰痛を改善する運動として、「ドローイン」と呼ばれるトレーニング法を紹介する。