看護師の健康一覧

スポンサーリンク

10秒間まばたきせずに目を開けていられないなら「ドライアイ」を疑って!

パソコンやスマートフォンが生活必需品と定着している昨今、目の乾燥に悩むドライアイが増えている。かく言う私もその一人で、眼科を受診し、予防策や悪化させないためのノウハウを聞いてきた。ドライアイ用の保湿メガネという便利な物もあることを知り、早速愛用している。

医師はこうして怒りをマネジメントしている

医療現場には怒りが渦巻いている、と語った人がいる。その現場にいて、看護師同様に医師たちもそれぞれが「アンガーマネジメント」に取り組んでいることがわかる本を紹介する。怒りは6秒やり過ごすことができれば問題は起きないと言うが、その6秒が簡単ではない。医師たちの努力を……。

水溶性食物繊維配合のゆずゼリーが便秘解消に

悩む人の多い便秘。対策のポイントは腸内環境の改善だ。善玉菌である乳酸菌などを多く含むヨーグルトを摂るのが手っ取り早い方法だが、ヨーグルトが苦手という方には朗報といえる商品、「ゆずちゃんゼリー」が高知県馬路村と高知大学医学部の共同研究で商品化された話を。

毎日の睡眠は時間より「眠りの質」が大事

日中睡魔に襲われたりすると、つい「睡眠時間が足りないから寝不足なの」となりがちだ。しかし、実は睡眠は「何時間眠るか」以上に「質の良い眠り」、つまり熟睡できているかどうかが重要だ。では、眠りの質を高めるにはどうしたらいいのか、という話をまとめた。

看護師の手荒れ防止に免疫パワーの活用も

頻回な手指衛生による手荒れは看護師には深刻な悩みの1つだ。使う消毒薬の工夫や保湿・血行促進等の手のケアに加え、身体の内側からの対策として免疫力を高めることも重要だろう。そこで、免疫力を高める生活習慣について、食生活の見直しと腸内環境を中心にまとめた。

こころが重いときは「こころのケアセンター」へ

「こころが重く、明るい気持ちになれない」「いろいろ気になってよく眠れない」など、こころの不調が続くときは、こころの専門家と話をするといいことはわかっている。でも、受診する気になれないときは、全国にある「こころのケアセンター」を活用しては……。

冷え性を改善して「手の温かい」看護師に!!

冷え性にとってはつらいシーズンに入った。患者の肌に直に触れる機会の多い看護師は「温かい手」が理想だが、手先の冷たさに悩む看護師は多い。冷え対策として、柑橘類に多いポリフェノールの末梢血流改善効果を活かした機能性表示食品と、内臓を温める腹巻きを紹介する。

今もあった「脚気」 看護師も気をつけて!

ビタミンB1の不足により起こる脚気(かっけ)は、食糧難の時代の病との認識が強くある。ところが最近、20~30代の男性が脚気の診断を受けたことが報じられた。インスタント食品などに頼りがちな現代人には「隠れ脚気」や「脚気予備軍」も多いと聞く。予防策をまとめた。

訪問看護の移動時間は労働時間ではない?

「過労死防止法」の施行から5年になるのを受け、過労死や長時間労働への関心が高まっている。たとえば訪問看護における移動時間は労働時間として扱われるのかどうか。移動時間が労働時間として認められず労災扱いにならなかった過労死の報道をきっかけに、考えてみた。

「鼻出しマスク」「顎マスク」していませんか?

インフルエンザの流行時期を迎えマスク姿が増えているが、口だけマスクで覆って鼻を出していたり、顎マスクの姿が目につく。同様のマスク姿は医療機関でも目にすることが少なくない。これではマスクをする意味がないと思い、感染予防策としてのマスクについてまとめてみた。

インフルエンザ流行の兆しにワクチン接種を

今年は例年より2カ月早くインフルエンザが流行入りした。法的義務はないが、職業感染、院内感染対策として医療関係者のワクチン接種がすすめられる。それも例年通りでは手遅れになってしまう。このワクチンは不活化ワクチンだから、妊娠への影響は心配ないことを伝えたい。

職業感染対策として知っておきたいワクチン情報

職業柄病気を抱える人に接触する可能性があれば、職業感染リスクを常に念頭に置く必要がある。標準予防策も重要だが、ワクチンによる予防接種により自らが感染源になることを防ぐことも重要だ。このワクチン接種の指針となるガイドラインのポイントをまとめた。