感染症対策一覧

スポンサーリンク

COVID-19の患者対応で燃えつきないで!!

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者を救おうと日々奮闘する医療従事者に感謝の声があがっている。一方で、誹謗中傷する声もあり、医療従事者は心身ともに疲弊している。燃え尽きないためのサポートになればと考え、推奨されるメンタルケアを紹介する。

新型コロナウイルスの感染予防とマスクの着用

新型コロナウイルス感染症の感染対策としてのマスク着用につき、WHOは指針を修正し、咳エチケットの効用を認める見解を新たに明記。これを受け、米国CDCもマスクの着用を推奨。欧州各国も同じ動きを見せている。布製マスクにも言及しているこの指針を紹介する。

新型コロナウイルスをめぐり頻出するカタカナ語

「クラスター」「オーバーシュート」など、新型コロナウイルス感染症をめぐり聞きなれないカタカナ語が飛び交っている。感染拡大を阻止するために個々に適正な行動を促すには、「何を言っているのか分からない」では困る。主なカタカナ語の意味するところをまとめてみた。

新型コロナウイルス感染症の重症者救命に向けて

東京など都市部を中心に感染が急速に拡大し、感染経路が不明の感染者が急増している。医療体制の崩壊も懸念されるなか、日本感染症学会と日本環境感染学会は医療現場の混乱を回避し、重症者を救命するための対応について提言を発表している。その概要を紹介する。

新型コロナウイルス感染による嗅覚・味覚異常 耳鼻咽喉科学会が受診目安を提示

新型コロナウイルス感染者の多くが嗅覚や味覚に異常を感じていることが、国の内外で報告されている。これを受けて日本耳鼻咽喉科学会は、医療機関に患者が殺到して感染拡大を招かないようにと、受診の目安を提示し、いきなり受診しないよう呼び掛けている。

患者ケアすべてに「標準予防策」をしていますか

院内感染対策の基本は、すべての患者に例外なく実施する「標準予防策」だ。新型コロナウイルスの感染拡大に無症候性感染者が多少でも関与していることを考えると、標準予防策の徹底が求められる。その実施において勘違いしがちな点を中心に再確認の意味でまとめてみた。

オンライン診療について知っておきたいこと

普及が進まないオンライン診療が、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い注目を集めている。感染すると重症化しやすい慢性疾患患者の受診での感染源接触リスクを防ごうと、定時処方のオンライン診療・服薬指導について、手続きが簡略化され、利用しやすくなっているという話を。

新型コロナウイルス感染症への家庭内での対応 訪問看護に活用を

新型コロナウイルスの感染拡大が進むなか、政府は、感染者が増加した際は、感染が疑われる人や軽症者は自宅での安静・療養を原則とする方針を打ち出している。その際の家庭内感染対策が、日本環境感染学会によりまとめられた。8つのポイントから成るその概要を紹介する。

医療従事者の新型コロナウイルス曝露リスク

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。このまま感染者が増え続けると、一般の医療機関でも感染者対応が求められることに。その想定の元、日本環境感染学会は対応ガイドの第2版で、医療従事者のウイルス曝露リスク評価と対応を提示している。そのポイントをまとめた。

専門家による市民向け新型コロナウイルス感染症「感染予防ハンドブック」を患者指導に活用を

政府の新型コロナウイルス感染症対策基本方針では、感染者が大幅に増えた際は、重症者が適正な医療を受けられるよう軽症者には在宅療養を促すとしている。この在宅における感染対策が、市民向け「感染予防ハンドブック」にまとめられている。患者指導に是非活用を!!

新型コロナウイルスの再陽性患者とPCR検査

新型コロナウイルス感染患者がPCR検査で「陰性」になり退院した後再び「陽性」になったことが話題になっている。持続感染はありうることなのだが、PCR検査の感度に疑義を持つ声がある。果たしてどうなのか、PCR検査の検体採取法は一つではないことなど、まとめた。

政府が新型コロナウイルス対策基本方針を決定

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議は24日「感染拡大阻止はこの1、2週間が瀬戸際」との見解をまとめた。これを受け政府の対策本部は25日、国内での健康被害を最小限に抑える対策をまとめ公表した。重症者対策充実のため、一般医療機関も対応が求められることに……。

高山医師の「新型コロナウイルス感染症 臨床像」

新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない。一般市民はもちろん医療従事者も「敵の姿」が見えてこないだけに不安が強い。幸い、感染症と公衆衛生の専門医により「新型コロナウイルス感染症の典型的な臨床経過」と、その経過を踏まえた感染対策が公表された。