看護師に伝えたい「がんサバイバー」の気持ち




思いやり

がんサバイバーが望むのは
「できるだけ普段どおりで」

今や、日本人の2人に1人が生涯に一度はがんを経験する時代です。
がんはもはや珍しい病気ではなくなっているのです。

それだけに、自分の家族や友人、あるいは職場の同僚などから、「実は、病院でがんと診断された」と打ち明けられることがあっても不思議はないでしょう。
とはいえ、実際に自分がそのような場面に直面したら、やはり驚いて、ちょっと絶句してしまうだろうと思います。

なぜ絶句してしまうのか――。
おそらくは、がんと診断されたと話してくれたその人に、どのような言葉をかけたらいいのか、その距離感のとり方に迷うからではないでしょうか。

とかく、何か気の利いたことを言わなくてはいけないような錯覚にとらわれるものです。
これは、がん医療の現場で日々がん患者にかかわっている看護師さんをはじめとする医療スタッフの皆さんも、同じではないでしょうか。

この迷いに貴重なヒントを与えてくれているのが、乳がんの体験者、いわゆるがんサバイバーである桜井なおみさんです。桜井さんは、最近出された著書『あのひとががんになったら – 「通院治療」時代のつながり方 』(中央公論新社)のなかで、当事者との接し方の基本として、「できるだけ普段どおり」であってほしいと書いています。

「言われてうれしい言葉」は、「いつもあなたのことを思っている」などの、寄り添う気持ちがこもったもの。反対に「言われると傷つく」のは、「かわいそう」など、同情する気持ちから出る言葉だそうです。

そして、よく指摘される「頑張れ」のひと言については、相手との関係性やその言葉が出るタイミングによっては、プラスにもなればマイナスにもなるという、まさに「もろ刃の剣(つるぎ)」の言葉なのだと記しています。

がんサバイバーは
病院や自宅に閉じこもってはいない

最近は、がんに対する放射線治療も抗がん剤などによる化学療法も、多くの場合、外来通院で行われています。外科治療(手術)の場合も、以前に比べると入院期間は格段に短くなっていて、トラブルがなければ、手術後の早い時期に通院治療に切り替えられます。
がん治療の中心が入院から通院へと移っていると言っていいでしょう。

しかも、通院による治療中も、自宅と病院を行き来するだけの生活ではなくなっています。
治療をしながら会社やオフィスに出勤して仕事をしたり、自宅では家族のために家事をしたりして、社会と深くかかわりながら治療を続けるがん患者が増えているのが現状です。

こうなってくると、彼らはもはや、入院治療が中心だったこれまでの「がん患者」のイメージにはとうてい収まりきりません。まさに「がんとともに主体的に生きる人びと」、つまり「がんサバイバー」と呼んだほうがぴったりくると思うのですが、いかがでしょうか。

この「がんサバイバー」という呼び名の由来や考え方、そしてがんサバイバーとしてがんとともに充実した日々を生きぬこうとする、その生き方のエネルギー源となっている「がんサバイバーシップ」については、がん看護専門看護師の近藤まゆみさんの著書『臨床・がんサバイバーシップ―“生きぬく力”を高めるかかわり  』(仲村書林)に詳しく書かれています。

「通院治療」が、がん治療の主流となり、患者を取り巻く環境が大きく様変わりしつつある今だからこそ、がん患者への視点をより広くするためにも看護職の皆さんには是非読んでいただき、臨床における患者とのかかわりに生かしていただきたい一冊です。

がん体験者の患者力を高める
「知る」「伝える」「相談する」

がんサバイバーのお一人である桜井なおみさんですが、2004年7月6日に乳がんと診断されています。当時37歳だったそうです。

診断を受けてしばらくした後、桜井さんは、がんサバイバーの就労支援などを主な業務とする会社「キャンサー・ソリューションズ(CANCER SOLUTIONS:略称「CANSOL)」を設立して、「がんになっても働き続けられる社会にしたい」という切なる願いの実現に向け、精力的な活動を続けています。新聞の連載やインタビュー記事などに何度も登場されていますから、「ああ、あの方ね」と思い当たる看護師さんも、少なからずいらっしゃると思います。

おそらく桜井さんは、「がんサバイバー」という呼び名に私たち日本人があまり馴染んでいないことを意識してでしょう。日々の活動において、また著書のなかでも「がんサバイバー」ではなく「がん体験者」という表現を使っています。

そのがん体験者の立場から、同じようにがんと診断された人びとへのメッセージとして、がんとともに自分らしく生きていくために「患者力」を身に着けることを強く提案。
この患者力を高めるコツとして、「知る」「伝える」「相談する」の3点を挙げ、情報の集め方や周囲への自分ががんであることの伝え方、相談の仕方について、自らの体験を披瀝しながら具体的なアドバイスを書き綴っています。

がんサバイバーの「知りたい」に応え
情報リテラシーを高める

桜井さんの著書の、この提案が書かれている箇所を読んでいて、「当事者側も支援する側も大切に思うことは同じだな」と、つくづく思いました。

支援する側にいる、たとえばがん看護専門看護師の近藤さんも、「がん看護」や「がんサバイバーシップ」などをテーマにした学会や講演会などで、また先述した著書においても、がんサバイバーがクリアすべき課題のひとつに「今、自分に何が起きているのかをしっかり理解する」ことをあげています。

改めて考えてみると、がんのような健康課題の有る無しに関係なく、「自分の身に起きていること、これから起きるであろうことがわからない」状況ほど不安なことはありません。
不安な気持ちを乗り越えて次の一歩を踏み出すには、今起きていることをきちんと理解して、ある程度の覚悟を決める必要があります。

しかし、がんの診断を受けた人が、「知る」「伝える」「相談する」力、つまり桜井さんが言うところの「患者力」の持てる限りを発揮して、自分の病気や担当医から提案されている治療法について情報を集め、理解し、自ら判断しようとしても、高度情報化社会とはいえ、そう簡単にできることではありません。

そこで、がんサバイバーが「何を知りたいと思っているのか」「何を知る必要があるのか」を見極め、その人の情報リテラシー、つまり情報を理解し、活用する力に見合う形で、「知りたい」に応える支援をしていくことが大切になってくるのだろうと思います。

この情報リテラシーに関することも、そして桜井さんの活動のメインテーマであるがんサバイバーの「治療と仕事の両立」に向けて看護職として支援できることについても、近藤さんの著書には詳しく書かれています。
この二冊を突き合わせながら読んでいくと、今まで見えにくかったものが少しずつでもはっきり見えるようになり、がん看護そのものに今まで以上の関心が湧いてくるように思うのですが、いかがでしょうか。